兵庫・加古川女性殺害「手が付けられないワル」逮捕!借金取立てに同行

印刷

   昨年12月(2015年)、兵庫県加古川市の河川敷で吹田市の大山真白さん(20)が遺体で見つかった事件で、兵庫県警はきのう18日(2016年2月)、加古川市のアルバイト礒野和晃(21)を殺人容疑で逮捕した。動機は不明だ。

   大山さんは12月6日、吹田市内で友人と会い、「これから加古川へ行く」と別れたあと不明となり、12日に加古川の川の中州で遺体で見つかった。死因は脳挫滅などで、頭部を激しく殴られていた。

殺された大山真白さん、直前に100万円引き出し

   大山さんが自宅に残したメモに、「私の身に何かあったら疑って欲しい人物」として、「りゅうのすけ」という名前が記されていた。この人物の特定に時間がかかったが、県警が礒野に任意で事情を聴いていたところ、殺害を認めたという。大山さんは元交際相手の男性との間に金銭トラブルがあり、その話し合いに大山さんと一緒に現れたのが礒野だった。男性によると、礒野は取り立て屋のように喧嘩腰で脅迫したという。

よくわからない

   大山さんは神戸市のタレント養成専門学校で学んでいた。昨年に卒業した後は吹田市で一人暮らしだった。アルバイトをしながら声優を目指していたという。

   礒野は12月7日午前2時頃、河川敷で大山さんの頭を何度も殴ったと供述した。礒野の自宅は犯行現場から3キロほどの場所だった。近所の話では、礒野は素行が悪く、親も手がつけられないようなワルだったという。

   礒野と大山さんがどのような関係だったのかはわからない。大山さんは加古川へ行く直前に100万円近くを銀行口座から引き出していたが、この金と礒野の結びつきもわかっていない。

殺害後に偽装工作?

   司会の小倉智昭「大山さんが礒野容疑者と一緒にお金の取り立てに来たということですか」

   岸本哲也レポーター「大山さんの元交際相手の借金の取り立てに同行していたわけですが、交際関係はなかったようです。大山さんとの間に金銭トラブルがあったのではないかと見られています」

   小倉「20歳の女性が100万円を貯めるには相当一生懸命にしないとね。それで何が起こったのか。妙ですね、私の身に何かあったらと言っている」

   中瀬ゆかり(新潮社出版部長)「身の危険を感じていたんでしょうね」

   岸本「大山さんの遺体が見つかった日に、礒野容疑者が『大山さんと連絡がつかない。何か知らないか』と元交際相手の男性の勤務先を訪ねています。男性は休みだったため、同僚に伝言していたといいます。偽装とも考えられるのですが・・・」

   筋書きをたどると、ことは案外単純だ。登場人物も少ない。それにしては、兵庫県警はずいぶん時間をかけている。100万円が何のための金だったのか、気になる。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中