「やめます」の大阪「靴のオットー」きのう行ったら店開いてた!やっぱりウソ?

印刷

   「もうあかん やめます!」と39年続けてきた大阪市北区の名物靴店「靴のオットー」が先週土曜日の20日(2016年2月)、「ほんまの、ほんまの店じまい」と閉店した。半信半疑できのう22日、リポーターの阿部祐二が店を訪れてみると、「あれ?開いてる。開いてますよ」。店員らしき人影もちらつく。

常連客たちも「以前もやめへんかった」「ギャグでやってほしい」

   「靴のオットー」は1977年の創業で、はじめは冗談のつもりで「店じまい売りつくし」を客寄せにした。バブルが崩壊し、すがる思いで本当に「もうあかん」と訴える垂れ幕を掲げたところ、「おもろい店だ」と客足が増え、これに味をしめて閉店セールがトレードマークになった。

やめるかなあ?

   だが、店主の竹部浅夫さん(74)の体調が悪化し、ついに閉店を決意。大勢の客の前で「ほんまに雨の中、ありがとうございます。おおきに、おおきに」と涙のあいさつをした。報道陣に「本当の本当にやめますか」と聞かれると、「もうこんなところでウソはつけまへん」と笑顔で答えた。

   客の中には「(本当にやめるかどうか)いやあ、どうでしょうか。だって、前もやめると言ってやめへんかったもん」「ギャグでやってほしい。後継者出現とか」と疑う人が多かった。客にアンケートしたら、「閉店するだろう」が36人、「閉店しなのでは」が73人だった。

店員「片付けしてるだけ。店はほんまにやってません」

   店番の人は阿部に、「店は開いていますが、商売はしていません。片づけをしています」と答えた。

   司会の加藤浩次「本当に閉店しているとなっていますが、どう思いますか」

   はるな愛(タレント)「私、よく通るんですよ。閉店したら寂しいですね」

   閉店セールとうたいながら、いつまでも店を続けるのは法律的に問題はないのか。菊地幸夫弁護士に聞くと、「閉店セールを何回も繰り返していると、またということで真に受ける人がいなくなるので、おそらく法的な問題にならないと思いますね」と話す。

   加藤「閉店セールになると、いい物が安く買えるんじゃないかという消費者心理が働くんでしょうね。本当にやめるんかなあ」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中