桂文枝「10年前の浮気」うらやましい、いや許さん!大阪の街の賛否

印刷

   演歌歌手の紫艶と20年におよぶ関係について、桂文枝はきのう22日(2016年2月)に釈明し、ひたすら妻への詫びを繰り返した。「私の不徳のいたすところ」「浅はかというか、おごり高ぶっていた」「外へ出ると家を忘れてしもて」「身から出たサビ」と話した。

釈明会見では「離婚も覚悟。独居老人で暮す」

   最後には、「家庭の危機を抱えているのは現実」「嫁さんがそういうこと(離婚)言うてきたら仕方がないなぁ」といい、「独居老人として心安らぐ老後を」「落語と向き合ってくので、どうかそっとしておいていただきたい」と語った。

別れるはずない

   紫艶との関係は10年ほど前に終わっていたらしく、文枝は「最後に会ったのは2年前」と話した。紫艶は「昨年(2015年)12月」と言い、このあたりは食い違うが、過去のことであるのは確からしい。

   大阪の街で聞くと、男性は一様に「羨ましい」「憧れる」「ひたすら謝るしかない」。ところが、女性は「がっかりしました。あれ(テレビ番組の『新婚さんいらっしゃい!』)、なんやったん? 自分がそんなことやってて」「お金もらって別れるかな」と手厳しい。

なぜ笑い飛ばせなかったのか。来週に奥さんの誕生日・結婚記念日

   司会の小倉智昭「どうも文枝さんらしくない会見。10年前のことでしょう。いつもの文枝さんなら笑い飛ばしちゃう」

   小柳美江リポーター「きのうは暗かったですね。とくに『家庭の危機』『独居老人』はギャグではなかった。来週が奥様の誕生日。その翌日が結婚44年の記念日。これがどうなるか」

   小倉「大丈夫だって。これだけの名人芸を持っている人を、10年前の浮気で、44年間支えてきた奥さんが別れますというと思う?」

   安田洋祐(経済学者)「そこまで楽観的じゃない(笑)。熟年離婚の一般論からいうと、危ないかも」

   小倉「われわれが詮索することじゃない」

   中江有里(タレント)「大阪のお父さんたちが『羨ましい』っていってたのが気になる」

   本当に家庭の危機なら、独居老人なんていわない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中