TBS小林悠アナ退社!「週刊ポスト」が報じた親密男性がわけあり?超高級車のIT起業家

印刷

   六本木・高級ホテルの高層階バーラウンジでTBSの女子アナ・小林悠(30)と超高級外国車に乗るIT起業家との「親密」な姿が客に目撃されたのは1月中旬(2016年)のことだった。<「男性が小林アナの肩に腕を回して体を密着させると、互いに耳元で囁き合っては笑い合っていました。

   小林アナは彼の太ももをサワサワと撫でているような様子で、ニュース番組で見せる表情とは全然違う雰囲気でした」>

   こう報じたのは『週刊ポスト』(2月12日号)だった。彼女はアメリカ人とのハーフで、お茶の水大卒。この春から「NEWS23」のキャスターに就任するはずだった。

   だが、3月4日付のスポーツニッポンによれば、<小林悠が3月いっぱいで退社することが3日、分かった。今月28日から出演を予定していた同局の看板報道番組である『NEWS23』も降板する>というのだ。電撃退社のきっかけとなったのは週刊ポストの記事で、<関係者によると、この報道あたりから精神的に不安定な状態に>(スポニチ)なったという。

   また、<知人によると、報道後は「周りから結婚するの? と聞かれる。詮索されるのがつらい」と漏らしており交際相手とうまくいってなかった様子。「男性に少なくとも別の女性か、結婚している相手がいたかもしれない」と話す関係者もおり、男性の仕事についても「報道番組を始める上で懸念すべき点があったのかもしれない」と話す局員もいる。それが本当ならば『ゲスな男』にだまされた末の悲劇という可能性がある>(同)

   1本の小さな記事でも、書かれた本人の人生を大きく変えてしまうことがある。小林アナは評価の高い女性のようだから、フリーになってもやっていけるだろうが、相手の男性が「顔認証による防犯システムを行うベンチャー企業」の起業家と書かれ、特定できることから、何らかの事情が起こり彼女から離れていったのかもしれない。これ以上の詮索はやめておこう。

しぶちん桂文枝「愛人・紫艶」お手当たった20万円!邪魔になってLINEリーク?

   『フライデー』が桂文枝と20年来の愛人だった紫艶(38)の告白を3週続けてやっている。今週は文枝が毎月彼女に振り込んでいた「愛人手当」を証明する銀行の通帳を掲載している。その額20万円。彼女のマンション代を払っていないとすれば、師匠は30歳以上若い愛人を比較的安く囲っていたということになるのではないか。

   紫艶がしつこく文枝の情のなさをいい募るのには訳がある。あるワイドショーのスタッフから「師匠の気を引こうとしてLINEで<死にたい>と書いたんでしょ?」といわれたという。仲のいいマスコミに、彼女があたかも「危ない女」であるかのような証拠として、LINE情報をリークした師匠に失望し、再びフライデーの取材を受けることにしたというのである。会見で「交際の事実はない」と全否定し、証拠を突き付けられるとダンマリを決め込んだ。愛人と別れるこのようなケースで、文枝師匠は最悪の選択をしてしまったようだ。

   <「師匠は『新婚さんいらっしゃい!』のクッションを私の腰やお尻の下に入れて愛し合うのが好きでした。師匠との日々は『新婚さんいらっしゃい!』抜きでは語れないですね」(紫艶)>

   新たな事実も出てきた。大阪府池田市の桂文枝の豪邸をフライデーが訪ねると、雨戸は閉ざされ、玄関先のプランターの花は枯れたまま。近所の住民は「ここらで文枝さん、見たことないわ。5~6年前から、奥さんも見かけへんようになった。別居しているいう噂は、ずっとありますけどね」と話している。

   愛妻家の仮面も剥がれそうである。桂文枝は落語家ならぬ落伍家になってしまった? 林家三平の古いダジャレでお目汚しでした。

松方弘樹ピンチ!難病で長期療養、関係会社は負債1400億円

   こちらもモテモテだった俳優の松方弘樹(73)が、『週刊新潮』によれば2月上旬から全身が痺れる、腕に力が入らないといった症状を訴えるようになり、都内の病院で精密検査を受けた。脳腫瘍ではないかといわれていたが、「脳リンパ腫」と診断され、長期療養に入った。どちらが病気として重いのかよくわからないが、私より少し上なだけに他人事ではない。

   週刊新潮は、その松方が取締役を務めていた会社に巨額の融資詐欺疑惑が浮上し、最悪、名目上の取締役でも損害賠償責任が認められたケースがあり、だとすると松方も相当な額を負担しなくてはいけないかもしれないというのである。

   その会社は昨年12月31日に経営破綻した船舶の運航管理を手がける「ユナイテッドオーシャン・グループ(UOG)」という。この会社の謄本の役員欄には「目黒浩樹」という松方の本名が記されているそうだ。UOGの負債総額は1400億円にのぼる。この会社はインド系の社長が一代で築きあげた船主会社だったが、海運市況の悪化で収益が低迷して、資金繰りが苦しくなったことが破綻の原因だという。

   この社長、大変な接待・社交好きで、松方の他にもプロゴルファーの丸山茂樹や羽川豊の名が役員欄にはあるそうだ。会社の顔として使われただけの彼らが、経営責任をとらされるということはないように思うのだが、在任期間中の不正でも発覚したらその限りではない。このことが気になって病気になったのだろうか。

   以前、俳優・千葉真一が愛知県のコンピューターソフト開発会社社長から3375万円を借りて、返さないため訴えられたことがあった。「仁義なき戦い」で主役を務めた菅原文太は逝き、千葉や松方の晩年もなかなか多難のようである。

巨人軍はノック練習にもカネ賭けてた!エラーするとみんなに1万円

   『週刊文春』は先週に続いて、野球賭博でクビになった元読売巨人軍投手の松本竜也氏(22)に懺悔告白させている。彼は2011年にドラフト1位指名で巨人に入団。身長193センチの左腕で、将来を嘱望されていた。だが、結局、一軍には上がれず球界を去ることになってしまった。巨人軍ではトランプや麻雀などの賭け事は日常的で、その延長線上に野球賭博があったと話している。驚くのは練習中にもカネを賭けていたというのである。

   <「『ファンゴ』っていうノックがあるんです。それぞれのポジションが一ヵ所に集まって順番にノックを受けるんですが、このノックの時に賭けたりとかはありましたね。エラーしたら、同じ組の人に一万円ずつ渡すんですよ。賭けるときは『ヘビ』っていう名称になるんです。

   練習がファンゴになると、『じゃ、今日は"ベビ万"いきますか』っていう感じで始まります。"ヘビ万"はレートが一万円ということです」>

   負けたときの最高は十何万円になったという。このことは巨人軍の広報も認めている。こうしたことは厳しい練習のモチベーションを維持するために、以前から自然発生的に行われていた。賭博行為とは性質が異なると考えていたが、誤解を呼ぶ恐れがあるため、野球賭博を機に一切禁じたという。

   私も『週刊現代』の現場時代は、少しでも時間が空くと編集部の隅にある仮眠室に入り、よく「おいちょかぶ」を仲間とやったものだ。最初は1000円で始まったものがだんだん熱くなり、1万円が張られるようになる。ボーナスが入ったばかりのある夜、私が親で、場に三十数万円が張られたことがあった。負ければボーナスの半分が吹っ飛ぶ。幸い総取りすることができたが、講談社の隣は大塚警察署である。そこへ踏み込まれたら全員パクられたであろう。

   私は根っからの博打好きだ。暇があると記者連中と電話帳をめくって丁半をやっていた。だが、残念ながら博才がこれっぽっちもないために、深みに入り込まないでここまで生きて来られた。

   松本氏は地元へ帰ってバイトしながら、もう一度現役に復帰したいと話している。メジャーという選択肢も考えているそうだ。簡単ではないだろうが、これだけの才能を埋もれさせておくのは惜しい。頑張れと声をかけてやりたい。

「山口組VS神戸山口組」高齢化でオヤジ組員ばかり!最後にひと花咲かせたい

   山口組と神戸山口組との乱闘騒ぎや事務所へ車で突っ込む事件が増えてきている。週刊新潮によると、このところ抗争が激化しているのは、こういう事情があるというのだ。

   <「6月に警察当局は神戸山口組を指定暴力団にする予定です。その後、警察は六代目側と神戸側の双方を『特定抗争指定暴力団』に指定しようとする。これが実現すると両者とも全く身動きが取れなくなる。それを避けるため、普通に考えれば6月以降は『抗争回避』のながれになるはず」(暴力団に詳しいジャーナリスト)>

   エスカレートするのは6月までだというのだが、そう警察の思惑通りいくのだろうか。警察庁によると、六代目山口組の現有勢力は1万4100人、神戸山口組は6100人と見ているようだが、暴力団関係者によると、この数字はかなり水増しされたもので、正式な組員だけをカウントしたら、六代目側が7000人、神戸側は1000人といったところだという。

   どちらの数字が正しいのかわからないが、今の若い奴は、主従関係が厳しく、しのぎも女もあまりないヤクザという職業には魅力を感じていないというから、組員の多くは中高年のようだ。先が見えているからこそ「ひと花咲かして」と思うのか、この年で臭い飯を食うのは嫌だと生活保護をあてに足を洗うのか悩んでいるに違いない。高倉健、菅原文太、安藤昇もいなくなり、任侠の美学などどこを探しても見当たらない今、ヤクザは難民化していくのかもしれない。

「週刊現代」「週刊ポスト」そろそろやめた方がいいSEX売り物・・・これ以上やると読者逃げる

   【蛇足】先週『Will』編集長の花田紀凱さんに呼ばれてインターネットTV「言論テレビ」で、週刊文春の好調ぶりについて話し合った。野暮用があって終わってすぐ別れたが、彼が今の会社を離れて、飛鳥新社に移籍するという。Willは文藝春秋出身の立林昭彦氏が就き続けるそうだから、花田さんはWillの路線を引き継ぎながら新しい雑誌を作ることになる。どうして離れたのか、今度会ったら聞いてみよう。

   話は戻る。週刊文春がスクープを連発する力の源泉を二人で語り合ったが、その流れで、それにしても週刊現代、週刊ポストは元気がないという話になった。花田さんはSEX記事やヘア・ヌードをやめることはできないのかと聞いてきた。私はもはやヘア・ヌードは部数を増やすためではなく、部数の減少を少しでも食い止めるためにある。両誌の編集長はやめたらどこまで部数が落ちるか怖くてやめられないのだと思うと答えた。

   以下はそこでは話さなかった私の考えである。ヘア・ヌードやSEX記事をやめる必要はないと思う。だが、雑誌の顔である表紙の右側、新聞広告なら左側に「死ぬまでSEX」「仁王立ちを取り戻す秘策」と大書するのはやめたほうがいい。

   昔話で恐縮だが、私がフライデーの編集長になったときは、「たけし事件」などがあって、200万部近くあった部数が60万部を切ろうとしていたと記憶している。20代の男女十数人に集まってもらって意見を聞いてみた。その多くが「フライデーを持っていると恥ずかしい」というものだった。そこでフライデーのロゴを小さくし(現在と同じ)、外国通信社の写真を使っていたのを、女優やそのとき話題の人物に変えた。宮沢りえ、マリリン・モンロー、マドンナなど。F1のアイルトン・セナは最高にカッコイイものになったと自負している。

   表紙で買う人はいないが、表紙が嫌で買わない人はいる。フライデーも同じだが、今のようにSEXを連呼しているような表紙では、私のような面の皮の厚い人間でも、電車の中で取り出すのに躊躇する。政治や経済の記事を読みたくても表紙が気になるのだ。

   SEX記事があることは何度か両誌を買ったことがある人間なら知っている。表紙からなく目次を小さくしても、売れ行きは変わらないと思う。大物のヘア・ヌードでもあったときに特筆大書すればいい。そのほうが新鮮だし、その号は売れるに違いない。

   週刊現代も週刊ポストもSEX記事だけで売る雑誌ではなかった。両誌の持ち味、現代の週刊誌はどうあるべきかをもう一度考えてほしい。SEX記事もある週刊誌になるべきだと思う。ヘア・ヌードという言葉を創り、売りまくった奴のいうことかという批判は承知だが、あの時はヘア・ヌードだけが売り物の週刊現代ではなかった。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中