胃がん手術の渡辺謙、1カ月ぶりツイート 「王様と私」舞台に意欲示す

印刷

胃がん手術のため療養生活を送っていた俳優の渡辺謙が3月5日(2016年)、手術成功の報告(2月11日)からおよそ1カ月ぶりにツイッターを更新した。

「いよいよ出発です。リンカーン(※主演舞台「王様と私」が上演される米ニューヨークのリンカーンセンター・シアター)では諸々バタバタしていて、もしかしたら登板早まる、何てこともあるかと。行ってみてから考えます」

渡辺は2月に受けた人間ドックで早期の胃がんが発見され、ミュージカル「王様と私」への出演を延期していた。その後手術は無事に成功し、5日午前、成田空港から渡米。ツイートはその道中に投稿されたものだ。17日に予定されている舞台復帰が早まる可能性もあるとしつつ、「とにかく気持ちは臨戦態勢で飛びます。新しい王様にトライしてきます」と闘志を見せ、「成田では沢山の取材陣に見送られてありがたかった。人生最大の挑戦は続く!行って来ま~す」とやる気をみなぎらせている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中