なでしこ川澄奈穂美「リオ五輪行きが消滅しました。悔しいし申し訳ない」

印刷

   リオデジャネイロ五輪出場の可能性がなくなったサッカー女子日本代表「なでしこジャパン」の川澄奈穂美は3月7日(2016年)、ベトナムとの試合後にブログで悔しさをにじませた。

   中国が韓国に勝ったことで、ベトナム戦の前にすでに3位以下が決定していた。川澄は「他国の結果により、日本のリオ五輪行きの可能性が消滅しました。非常に悔しいですし、申し訳ない気持ちでいっぱいです」と書いた。「今日も大勢の方がスタジアムに来てくださり、なでしこの試合を盛り上げてくださいました。本当にありがとうございました。また、テレビなどでの応援もありがとうございました」

   アジア最終予選は9日に最後の北朝鮮戦を迎える。川澄は「もうリオ五輪に行けない現実は変わりませんが、せめて『これからもなでしこを応援したい』と、思っていただける様な試合をしたいと思います」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中