野球賭博関与の巨人選手これで本当にもういない?ウソついてた高木京介

印刷

   プロ野球・巨人はきのう8日夜(2016年3月)、高木京介投手(26)が野球賭博に関与していた疑いがあると発表した。昨年秋(2015年)に笠原将生元投手(25)ら3人を野球賭博で契約解除(解雇)したが、これに続く4人目だ。一連の責任をとって最高顧問の渡辺恒雄氏をはじめオーナーや球団会長が辞任した。第5、第6の選手が出てくる可能性はないのか。

週刊文春の取材にフロント大慌て

   高木はプロ5年目で、デビュー以来139試合負けなしの新記録を更新中だ。石川県の星稜高から国学院大を経て11年にドラフト4位で入団した。左の中継ぎとして活躍、通算6勝0敗1セーブ。昨季33試合登板し、今季も活躍を期待されていた。

鵜呑み調査

   巨人によると、2月29日(2016年)に週刊文春から取材があり、高木に聞き取り調査をした。当初は笠原に名前を貸しただけと否定していたが、きのう8日になり「ウソをついていました。本当のことを話します」と認めた。それによると、14年4月下旬から5月上旬、笠原に誘われて3、4回、プロ野球の計8~9試合を対象に賭けをしたが、50万円か60万円負けてやめたという。

   久保博球団社長は「チームにたまっていたウミを完全に出しきれていなかった。プロ野球への信頼を大きく失墜させた。これからは信頼回復のために球団として心血を注ぐつもりだ」と述べた。

「正直に話さなかったのでわからなかった」球団調査委の間抜けぶり

   司会の加藤浩次「昨年秋に笠原投手ら3人が処分され、委員会をつくり聞き取り調査をしていましたが、何もなかったということになっていました。聞き取り調査はあまりにも意味がなかったのではないかと思いますよね」

   キャスターの上重聡「選手が本当のことを言っていなかったのと、証拠となる携帯電話を変えていて、なかなか見破るのが難しかった点があります」

   加藤「正直に話さなかったから、何もないというのでは意味がないですよね。背景には暴力団がかかわっている可能性が高いといわれます。本当にウミを出し切るにはどうすればいいですか」

   宮崎哲弥(評論家)「ごまかしや言い訳ができないように、警察や検察の捜査経験のある人を入れて、厳しく聞き取り調査をやらなければなりませんね。八百長は本当になかったのかということも含めて、最後のチャンスと思ってやってほしいですね」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中