あの大津波がまた来るかもしれない!巨大防潮堤で防ぐか、高台に移るか・・・

印刷

   キャスターの菊川怜が岩手・宮古市田老地区にいた。町を取り囲んでいた巨大な防波堤が津波でおもちゃのように吹っ飛んだ町だ。その田老では再び防波堤が作られていた。高さ14・7メートル。かつてもそうだったが、これができると海は見えなくなる。

   明治、昭和と2度巨大津波に襲われた田老は、長さ2400メートルの防潮堤で町を守っていたが、平成の津波は17・3メートルもあった。防潮堤はいま残骸が点々と残るだけだ。海とどう向き合うのか。5年をかけて出した結論は、また防潮堤だった。

「絶対ここに住み続ける」「もう波の音を聞くのもいや」

   湾の山際にある「たろう製氷貯氷施設」には津波の到達点が示されている。「平成17・3メートル」「明治15・0メートル」、かなり下がって「昭和」がある。「平成」は田老観光ホテルの4階にまで達した。生き残った人たちは割れた。「波が来ないところ。高台に」「子孫を考えると平地には住めない」という人、「思い出がある。どこにも行きたくない」「逃げればいい」という人-――。

隔たりがあります

   田老に限らない。この議論はどこでも起こった。仙台市宮城野区は最大7・1メートルだった。阿部勇さん(66)は海から1・8キロで被災した自宅を再建した。「絶対にここに住もうと思っていた」という。しかし、妻のいみ子さん(65)は「ここには住めないと思った」と話す。母親のゑをなさん(86)は波の恐怖が忘れられず、いつも海を見ているという。

   沿岸部に2階家が1軒だけ建っていた。佐藤義徳さん(44)の自宅で、津波でかろうじて残ったのだという。ご近所はいない。みな流されてしまって誰も戻って来ない。石巻市の阿部実和子さん(55)は「波の音を聞くのが嫌だ」という。4月、海の見えない復興住宅に引っ越す。5年経っても海への恐怖心は消えなかった。

町の再興を若い人に任せた宮城・女川

   14・8メートルの津波で壊滅した宮城・女川町を再訪した笠井信輔(ニュースデスク)はその変貌ぶりに驚いた。昨年できた女川駅からきれいな商店街が開けていた。街路は坂になっていて、海を見下ろす形だ。土地をかさ上げして、その上に町を再建したのだった。

   笠井「驚いたことに、ダイビング・ショップがあるんですよ」

   店主は「すごく魅力のある海なんです」という。訪れた一人、高松康雄さん(59)はいまも不明の妻祐子さん(当時47歳)を探し続けている。3年前から120回は潜ったという。「海に潜るのは墓参り」

   宮城・南三陸町もまた別世界になっていた。いたるところに高台が作られていた。23・9メートルの波に43人がのまれた防災対策庁舎の鉄骨の残骸は、平地の真ん中にボツンと残っていたはずが、台地からは見下ろせる。ここでもひとり、漁師を選んだ若者がいた。高橋勝寛さん(20)は「最年少」と笑っていたが、津波の光景は忘れない。「時々怖くなる」

   司会の小倉智昭「海との向き合いは人それぞれです」

   笠井「南三陸がいちばんかわりましたね。グランドデザインは国立競技場を手がけた隈研吾さん。商店街の高さは10メートル、防潮堤は8・6メートル。商店街の方が高いので、町から海が見えます。もう一つの女川も防潮堤を作らず、海が見えます。気仙沼は防潮堤の高さで合意できずにいます。ところによって大いに隔たりがあるんです」

   小倉「女川は若い人たちに任せたんですよね」

   ショーン・マクアードル川上(経営コンサルタント)「これからの生活に対する不安が意見の違いを生んでる気がしますね」

   小倉「思いはそれぞれですが、少しづつですが前に進んでいます」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中