女は子供産めの寺井校長「独演会見」教科書や黒板使ってわが教育論を授業

印刷

   全校集会の講話で「女性はキャリア積むより子供を2人以上産むことが大切」と話して、大阪市教育委員会から「不適切」とされた大阪市立茨田北中学校の寺井寿男校長(61)は15日(2016年3月)に会見して、批判に真っ向から反論した。黒板や教科書を使って、まるで授業風の熱弁で、記者たちは生徒扱いだった。

校長先生は子供は2人以上いるのですか?「家族のことはちょっと・・・」

   会見では、始まる前から「空いてる先生呼んで、見に来いと。勉強になるから。どうやってしゃべったらいいか参考になる」と自信たっぷりに上から目線だった。ネットでの批判に「人物が特定できないのに謝罪は不可能。職務命令といえどもできないと(教委に)申し上げた」と開き直り、「卒業式での子供たちの目は澄んでいた。疑惑の目は1人もいなかった」と語った。

最悪の上から目線

   さらに、国語教科書の太宰治の「走れメロス」を広げて、「メロスが王城にたった1人で乗り込むように、私はたった1人で市役所に乗り込みます」とまるで英雄気取りだ。

   記者から「発言は不適切だと思わないのか?」と問われても、「シリーズで話してますから、そこだけ切り取られたら言葉足らずと言われても仕方ないが、言葉は尽くしています」。全校集会で講話は年に30回ほど行うという。

   もともと国語の教師で、3年前に校長になった。去年3月に定年退職となったが、4月に再任用で学校に残った。会見でも自らを「くせのある教師、教頭、校長である」と言い、独自の教育論をぶち、黒板に漢字を大書して見せたりした。しびれを切らした記者が「授業はあとどれくらい?」と皮肉る場面もあった。

   「子育てが大事」「そのためには産むこと」「大変な価値のあることです」と一方的に語り、「子供はいますか。2人以上ですか」と質問されると、「ちょっと、家族のことはデリケートなので」と逃げた。

取材の記者に「キミは正社員か、契約か」

   司会の小倉智昭「言わんとすることは部分的にはわかるが、校長が中学生に頭ごなしに言うことではなかったのではないでしょうか」「それから、マイクを向ける記者に正社員か契約かと聞いたり、強烈な人ですなあ」

   深澤真紀(コラムニスト)「個性的であるのが誇りなんでしょう。でも、女性教師にもまず産んでからといっているんですね。歴史を無視しているし、教育者としても、職業者としてもおかしいですよ」

   デーブ・スペクター(テレビプロデューサー)「考えかたは男尊女卑ですね。子供は多い方がいいに決まっているが、経済事情や待機児童など現状を無視した上から目線は最悪。これが異色の文化人なら問題ないが、校長ですからね」

   菊川怜キャスター「人格形成の大事な時期に、こういう先生は嫌だな」

   小倉「子供たちの目は澄んでいたって、本当に澄んでいたのかしら」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中