今市・小1誘拐殺人の勝又拓哉 身振り交えて供述「こう刺した」映像公開

印刷

   宇都宮地裁はきのう15日(2016年3月)、11年前に栃木・今市で起きた吉田有希ちゃん(当時7歳)誘拐・殺人事件の取り調べ映像を、前日に続いて公開した。映像には勝又拓哉被告(33)が検事の質問に答えて、有希ちゃん殺害を身振りで語る様子があった。

公判では「否認してもムダだと思った」と陳述

   映像は2014年6月11日のものだった。

どうなんでしょう

   検事「心の底から思って、人の道を示してよ。逃げちゃダメ。有希ちゃんを殺したの、君だね」

   勝又「ん」

   検事「君だね」

   勝又「はい」と涙を流す。

   検事「弁護士と接見して急に否認するようになったよね。どうして?」

   勝又「優秀な弁護士なら無罪にしてくれると思った」

   検事「どこで殺したの」

   勝又「現場」

   検事「車から有希ちゃんをどう降ろしたの」

   勝又「運転席から降りて、車の前を通って助手席に行って、車の外へ出した」と机の上で手を使って図示した。

   検事「どうやって?」

   勝又「両手を脇の下に入れて、抱えて」と両手で抱き上げる仕草をする。

   検事「どう刺したの」

   勝又「有希ちゃんの右肩を押さえて5回ぐらい。そしたら倒れ込み始めて、また何回か刺した」。左手で肩を押さえ、右手で刺す仕草をする。

   動機を問われると、「顔見られてるし車も見られてる。アパートも見ている。このまま解放したら姉、母、妹たちが困ることになるから刺そうと思った」

   しかし、この後の被告人質問には「検察官から『自白しなくてもこちらは困らない』と言われ、否認してもむだだと思った」と答えている。

来週22日に求刑、31日判決

   司会の小倉智昭が「どんな感じでした?」と傍聴した阿部悦子レポーターに聞いた。「見ていて胸が苦しくなるような犯行の詳細を淡々と話していました」

   検察は「任意の自白」と言い、弁護側は「さまざまな警察官、検察官が自白を迫った結果だ」と主張している。裁判員はこれらをどう判断するのか。22日に求刑、31日に判決となる。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中