東京「早すぎる桜開花」困った!弁当間に合わないデパ地下、花散って葉桜まつり

印刷

   きのう21日(2016年3月)、東京のサクラが開花した。恒例の靖国神社で午前11時、東京管区気象台によって発表された。平年より5日早い。「われわれにはうれしいことですが、早すぎて影響が出ているところもあるようです」と司会の加藤浩次が伝える。

上野公園はすでに花見宴会大賑わい

   花見の名物、東京・上野公園はまだチラホラだが、きのうはすでにあちこちで車座ができていた。けさ(22日)も場所取りをしている人がいる。あわてたのは近くの上野松坂屋のデパ地下だ。花見弁当フェアはあす23日からの予定で、50種の弁当を売り出すつもりだったのに間に合ったのは15種だけだった。

読めないところがいい

   「いま咲いてもらうと、めちゃくちゃ困る」と言うのは、東京の目黒川の目黒イーストエリア桜まつりの担当者だ。毎年4月初めに予定しているので変更ができない。過去にサクラが散ったため、ポスターの「桜まつり」の前に「葉」を入れて「葉桜まつり」と称して乗り切ったことがあるという。「今年はぜひもってほしい」と祈っている。

満開は来週半ば。寒の戻りで長く楽しめそう

「ズバリ、満開の見ごろはいつになりますか」

   キャスターの上重聡が気象予報士の松並健治に聞く。「今年は寒の戻りがありますので、長く楽しめるのが特徴です。来週半ばごろ満開になり、週末には散り始めになりますが、サクラがないということはなさそうです」

   加藤「散り始めが一番いいんじゃないですか」

   はるな愛(タレント)「4月2日にイベントがあるんですが、大丈夫かどうか、ドキドキしています」

   ロバート・キャンベル(東京大教授)「どうなるか、読めないところがいいんですよ。JRのダイヤのようにきちっと決まっていたら、誰もサクラを見向きもしないと思いますよ」

   日本人の心がよくわかっているようだ。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中