大野智「櫻井クン誕生日プレゼント」自家製缶詰!家飲みのツマミに赤貝とマグロ缶

印刷

   <嵐にしやがれ(日本テレビ系3月19日よる10時)>大野智の「作ってみよう」コーナーで、櫻井翔への誕生日プレゼントでオリジナル缶詰を作るという。櫻井は家飲み派なので、酒のつまみの缶詰だという。静岡県のホテイフーズにお邪魔して、さっそく製造に取り掛かる。

「あの人はね、家でひとりで酒飲んでるんですよ。寂しい男なんです」

   大野「缶詰って、向いてるもの、向いてないものあるんですか」

   最終工程で30分間約120度の蒸気をあてて殺菌するため、麺類や青菜などは向かず、骨まで柔らかくなることから魚介類がベストだという。櫻井の大好物は貝。宮城県閖上産の最高級赤貝を用意した。大野によると、「あの人ね、家でひとり寂しく赤貝食べて、お酒飲んでるみたい。寂しい男なんですよ」

   浜焼き風にするため七輪で赤貝を焼く。焼きたてを味見すると、「いや、これはちょっと一番の贅沢じゃないすか。めっちゃうまいよ」と止まらない。缶詰にする前に大野がみんな食べてしまいそうだ。

   次は長崎産の高級本まぐろの大トロ、中トロ、赤身を使って究極のツナ缶を作る。まずはお刺身でパクつく。「このままがいいっすよ、やっぱりこれは。缶詰にするのはもったいないな」と言いながらも、蒸したマグロを切り分け缶に詰める。塩を振りオリーブオイルをかけて密閉する。

スタジオで試食!「こりゃ、うめえわ」

   スタジオに大野直筆の「翔の缶詰」とかかれた6種類の缶詰が運び込まれた。櫻井が最初に選んだのはやはり赤貝。「こりゃあ、うめえわ」。マグロの缶詰も「ああ、濃厚だわ、すごい」と大喜びだ。相伴にあずかった女優の中谷美紀も「こんなにおいしい缶詰のマグロ、本当に生まれて初めてです」

   最後に1つ残った金色に輝く缶詰はスペシャル缶らしい。「恐ろしいほど軽いんですけど」といぶかりながら開ける櫻井。なかから「翔ちゃん 誕生日おめでとう!体に気をつけて!大野智」と書かれた大野の写真が出てきたが、櫻井の反応はいまひとつ。赤貝ほどには喜んでもらえなかった。

知央

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中