「ベルギー連続テロ」原発から作業員撤収!IS声明「苦しみは始まったばかりだ」

印刷

   ベルギーのブリュッセルできのう22日(2016年3月)に起きた連続爆破テロで、空港の監視カメラに映った容疑者3人の写真が公開された。荷物を載せたカートを押しながら歩く男のうち2人が自爆、1人は爆弾が入ったスーツケースを置き去りにして逃走した。地元メディアによると、空港内からはほかにも爆弾ベルトが発見されている。

日本人も1人重傷、1人軽傷

   空港と10キロ離れた地下鉄マルベール駅の爆破テロとを合わせて少なくとも34人が死亡、日本人2人をふくむ180人以上がけがをした。ブリュッセル中央駅前にいるANNの金子陽記者は「日本人の1人は30代男性で重傷、もう1人は軽傷ということですが、詳しいことはわかっていません。地下鉄がきょうから運行を再開するかもまだ明らかになっていません」と報告した。ベルギー国内で大量の武器が押収されている。

まさに無差別

   きょう未明、ISが犯行声明を出した。「爆弾ベルトや爆弾、機関銃を持って侵入した」という。「あなたたちにはもっと過酷な苦しみが待っているだろう」と、さらなるテロも予告している。ベルギーは最高レベルの警戒がしかれ、原発で作業員を避難させる動きもある。

   司会の羽鳥慎一「原発もテロの対象になったということですね。パリテロとの関連性も否定できず、組織的で、まさに無差別です」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中