シマウマ捕獲作戦失敗!池に落ち溺死・・・むやみに追い掛け回して麻酔銃

印刷

   おととい22日(2016年)に愛知県内の乗馬クラブから逃げ出したシマウマは、県境を越えて岐阜県内のゴルフ場を逃げ回ったが、池に転落して溺死した。ゴルフ場では十数人の警察官らがロープなどを持って捕獲を試みたがうまくいかず、獣医が麻酔を打ち込んだ。動作が鈍くなったシマウマは、池の縁からズルズルと滑り落ちるようにはまった。

   司会の羽鳥慎一「徐々に麻酔が効いて、池の中で動けなくなりました」

   引き上げられ心臓マッサージなどが施されたが、間もなく死亡が確認された。

荒っぽい性格

   高木美保(タレント)「シマウマが麻酔でもうろうとしているときには、人間が池を背にして立って、池の反対側に誘導するようなことをすべきだったと思うけどなあ」

もうちょっと何とか

   シマウマは気性が荒く怒りっぽい性格だという。玉川徹(テレビ朝日ディレクター)は「見ていると、そういうシマウマってどういう動物なのかという情報が、周りにいる方々にまったく届いてなかったような印象ですよね。馬は後ろから近付くと警戒して蹴り上げるので危険なのに、お尻を触ったりしてますものね。まずはシマウマの情報が行き渡らないといけなかったんじゃないですか」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中