少女監禁しながら平然と大学通い!同級生も驚く寺内樺風の異様生活

印刷

   行方がわからなくなっていた埼玉県朝霞市の女子中学生(15)が2年ぶりに保護された事件で、静岡県伊東市内で身柄を確保された東京都中野区の寺内樺風容疑者(23)は、「自殺しようとしたが、死にきれなかった」と話しているらしい。首を切った傷で治療を受けているが、警察は回復を待って未成年者誘拐の容疑で逮捕する。

アメリカ留学して自家用飛行機の免許取得

   寺内はこの3月(2016年)に千葉大学工学部を卒業したばかりだ。女子生徒を2年間も監禁しながら平然と大学に通っていた。実家は大阪市池田市にあり、両親と妹がいる。小学生のころから勉強ができ、国立大学の付属中学校に通った。近所の人は「おとなしめで賢くて、みんなが一目置いているようなお子さんでした。あんな事件をする子じゃないのに」と話す。

2年間をどう埋めるか

   パソコンが得意で、高校の卒業文集には誰にも負けないのはハードウェアだと書いている。同級生の母親は「飛行機が好きと聞いていました。小型機の免許を取ったとか」と聞いていた。

   11年に千葉大学工学部に進み、13年から半年間アメリカのパイロット養成学校に留学し、自家用機の操縦免許を取得した。フェイスブックには飛行機の操縦席や機体前でポーズをとる写真が公開されている。同じ千葉大の研究室の学生は「本当に普通の男の子。あまりしゃべらないタイプだった」。別の同級生も「授業には普通に来ていました。事件などまったく想像できない」と驚く。

アパート階下の住民「物音がすれば分かるはずだけど、その様子なかった」

   住んでいたアパートは大学から数分足らず。女子生徒はそこで外から鍵をかけられ監禁状態にされていた。同じアパートの下の階の住民は「物音がすれば分かるはずだけど、全然その様子はなかった」。隣の人も「女子中学生らしき人物は一度も見たことがなかった」と不審そうに思う。

   女子生徒は先月(2016年2月)、寺内に連れられて東京都中野区に移り、施錠がなくなったので隙をみて逃げ出し110番した。

   司会の加藤浩次「逃げ出したことは良かったですね」

   ウエンツ瑛士(タレント)「(被害者にとっては)これからですよね。この後の人生をどう過ごしていくのか。より良く生きてほしいです」

   ロバート・キャンベル(東京大教授)「2年間を少しずつ埋め合わせていかねばなりません。学習はどう補完できるか、これらを含め両親や周りが支えていかなければなりませんね」

   中学生にとって2年間の空白はあまりに重い。寺内は動機についてまだ話していない。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中