女性ジョッキー藤田菜七子「盗難ゼッケン」母親に連れられ51歳男出頭!

印刷

   JRA(日本中央競馬会)で16年ぶりの女性ジョッキーとして競馬ファン以外でも人気の藤田菜七子騎手(18)は、先週の24日(2016年3月)に浦和競馬場で初勝利を挙げたが、このときのゼッケンを盗まれてしまった。警察が窃盗として調べていたところ、おとといの28日に横浜市戸塚区の前仲孝樹容疑者(51)が母親に付き添われて出頭、建造物侵入の疑いで逮捕された。

図々しくも「サインお願いします」

   レースが終わった出走馬は関係者以外立ち入り禁止のバックヤードで、鞍とゼッケンを外す。前仲は川崎競馬の厩務員の制服「KAWASAKI KEIBA」と書かれたポロシャツを着て入り込で盗んだらしい。競馬組合の業務課長は「浦和と川崎の競馬場は交流があるため、不自然に思わなかった」といっている。

加藤:いくつなの?

   前仲はゼッケンを藤田に差し出しサインを頼んでいた。母親と出頭した際にそのゼッケンも持参してきたという。

   司会の加藤浩次は「母親とねぇ。いくつなの」とあきれた顔だ。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中