「貴乃花」降格?ナンバー3から地方回りの巡業部長・・・理事長選の報復か

印刷

   日本相撲協会はきのう30日(2016年3月)に理事会を開き、新体制を決定した。八角親方との理事長選に破れた貴乃花理事は執行部を外れ、巡業部長に就任した。これまでは「ナンバー3」といわれる総合企画部長だったから、降格ということである。

何か意図が?

   元テレビ朝日アナウンサーで東京相撲記者クラブ会友の銅谷志朗氏はこう解説する。「幹部の部署が替わったって判断で、私は降格という言葉は当たらないと思います。理事がヒラの年寄になったわけではない。仕事が替わったというふうに捉えた方がいいと思います」

   玉川徹(テレ朝ディレクター)「東京から遠ざけるって意図はないんですか。地方回りしておけ、みたいな」

   銅谷「そういうふうに考えないほうがいいんじゃないですか」

   当初は貴乃花親方寄りで、最終的に八角親方支持に回った鏡山親方は地方場所担当部長から、貴乃花がつとめていた総合企画部長に就任した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中