カネ食い新国立競技場デザインのザハ・ハディド女史急死!アンビルドの女王

印刷

   「まずは訃報です」と司会の夏目三久が「けさのボード」コーナーで取り上げたのは、新国立競技場の最初のデザインを作成したイギリスの建築家、ザハ・ハディド女史(65)の死去だ。気管支炎でアメリカ・マイアミの病院に入院していたが、31日(2016年3月)に心臓発作を起こして急死した。

奇抜すぎて建設できない!

   ハディド女史はロンドン五輪の水泳センターをはじめ、斬新なデザインの建築物を手掛け、04年には建築界のノーベル賞とされるプリッカー賞を女性で初めて受賞した。しかし、建設の難易度が極めて高いことから「アンビルドの女王」(建設できない女王)とも呼ばれていた。

亡くなりました

   それが現実のトラブルとなったのが、彼女が手掛けた日本の新国立競技場だった。複雑の構造のデザインのため、総工費が当初見積もりの2倍に膨れ上がり白紙撤回された。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中