「春の嵐」帰宅ラッシュ直撃!関東はこれから激しい雷雨、夜は歩けない強風

印刷

   きょう7日(2016年4月)はきのうの晴天から一転して荒れた「春の嵐」になる。とくに夕方から夜にかけては、九州から東北の広い範囲で強風に警戒が必要だ。

   風速は西日本で30~35メートル、関東で25~30メートルに達すると予想される。転倒する人が出て、看板が外れるほどの風だ。気象予報士の井田寛子キャスターが「最新の気象情報、交通情報を確認してください」と注意を呼びかけた。

4年前には東京で風速30メートル

   「あさチャン!」放送中の午前7時ごろには、福岡ですでに横なぐりの雨が降っていた。低気圧が発達しながら東に進むため、関東地方では雨のピークは午後3時ごろにかけてで、その後は風が強まる予報だ。風のピークは夕方から夜のはじめにかけてとなり、西日本や関東では午後7時ごろまで、北日本では夜以降も警戒が必要という。

tv_20160407112135.jpg

   4年前に似たような「春の嵐」があった。全国的に台風並みの強風で、歩くのがやっとだった。帰宅ラッシュ時に重なったことも同じ。東京で最大瞬間風速29・6メートルを記録した。

   司会の夏目三久「4年前と同じ規模になるのですか」

   井田「そこまでは荒れませんが、ラッシュと重なる点は注意が必要です。雷やヒョウにも注意がいります。時間を追うごとに天候はひどくなります」

   夏目「皆さん、くれぐれもご注意いただきたいですね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中