バド選手叩き、矢口真里は擁護・・・松本人志の偏向番組!ムチャ発言で注目話題つくりが狙い?
<ワイドナショー>(フジテレビ系)

印刷

   毎回、番組での発言がネットにあがるなど異常に注目されているが、この日は「矢口真里が出演したCMが不謹慎だと放送中止になった」件が白熱し、圧倒的な矢口擁護に世間との温度差を感じた。
   「なぜこの人だけ言われるのか。ある方は昔に不倫したけどテレビに出たりするわけですし、略奪婚で幸せになってる方もテレビに出てる。太宰治なんか凄い文学ですねなんて言うけど、あの人の恋愛関係むちゃくちゃですよ。伊藤博文も」とお笑い芸人の小籔千豊がいえば、「なんでたけしさんは許されるのか。俺の相方は許されるのか」とコメンテーターの松本人志も言う。
   芸能リポーターまでもが「もう3年も経っていて、しかも彼女はそのうち1年5か月は謹慎していたんですよ」と。というか、ほとぼりが冷めるまで隠れていたというのが正しいのではないか。松本も「スキャンダルを起こしたタレント、有名人を叩きたい人は何パーセントか必ずいて、どんだけ謝ろうが絶対に許さないという人たちはいるんですよ」とまるで叩く方が悪いと言わんばかりである。そのくせ、バドミントン選手が違法カジノ店で賭博行為をしていた問題については、「オリンピックに出てももう俺は応援できない、俺は無理」と手厳しい。矢口には優しく、バトミントン選手は容赦なく断罪するのもおかしな話だ。
   松本らが寄ってたかって庇っていた矢口は、同時刻、TBSの「サンデージャポン」に何食わぬ顔で出演して、したり顔でコメンテーターをやっていた。一番したたかなのは矢口かも。(放送2016年4月10日10時~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中