吉田羊「20歳下のペット」Hey!Say!JUMP中島裕翔と7連泊愛・・・MもSもいけるタチ

印刷

   何から始めようかと迷うぐらい今週の週刊誌はスクープを競っている。これも週刊文春効果なのだろう。各誌の売り物記事を読み比べてみよう。まずは週刊ポストから。トップは皇室記事だが、目次右トップは「吉田羊20歳年下の男子と肉食7連泊」だから、こっちがウリである。

   女優・吉田羊(「ひつじ」ではなく「よう」と読むと初めて知った=筆者注)は年齢を明らかにしていないらしいが、ネットには42歳と出ている。今年は映画「嫌な女」「SCOOP!」など4本の公開を控え、大河ドラマ「真田丸」にも出演、CMも12本というまさに売れっ子の羊ちゃんである。

   だが、彼女の女優人生は順調ではなかったという。小劇場の劇団員として鳴かず飛ばずだったが、今の事務所のマネジャーが目を付け、二人三脚で活動を続けて、14年に放送されたドラマ「HERO」で木村拓哉の同僚の検事役でブレイクした。

   酸いも甘いも噛み分けたアラフォーが選んだのはどんな彼氏か。3月(2016年)下旬の夜10時過ぎ、吉田の自宅から長身の若い男が出てきた。彼から遅れること15秒後に、吉田も出てくる。2人が向かったのは近くにあるアジア料理店だった。店を出た2人は手を握り、吉田の自宅に戻り、2人きりの時間を過ごしたという。この日から2人の<7日間にわたる『連泊』が始まった>(週刊ポスト)というのだ。7日間も見張っていたのかね。ご苦労なことだ。

   相手の男はジャニーズ事務所所属の「Hey!Say!JUMP」の中島裕翔(22)というそうだ。誰でもいいが、グループ名はもう少しわかりやすくしてくれないかね。これまで吉田は8歳下の男と付き合ったことは話しているが、今度はいきなり20歳下である。2人は行きつけのバーのオーナーを介して仲が深まったという。

   吉田の知人は、吉田は振り回されるのが好きで、相手次第でMにもSにもなれるという。だから年下でも大丈夫なんだそうだ。肉食系女子が草食系に見える若い彼氏を調教しているということか。それとも調教されているのだろうか。

NHK桑子真帆アナ「ブラタモリ」卒業で間もなく結婚?相手はフジテレビのイケメンアナ

   もう1本、週刊ポストから。「ブラタモリ」で人気の出たNHKの桑子真帆アナ(28)が、4月1日(2016年)の午前4時頃に、東京・世田谷区の路上で男と手をつないで仲睦まじく歩いているところを週刊ポストに目撃された。彼女は「ブラタモリ」を卒業して、報道番組「ニュースチェック11」のキャスターに抜擢されている。

   そんな彼女と手をつないでいたのはフジテレビの谷岡慎一アナ(29)だという。明るくてイケメン。局は違うが2010年入社の同期組。学生時代からの知り合いだという。2人はデートの後、桑子アナの自宅マンションに戻り、翌日、桑子アナが谷岡アナを家に残したまま出てきたところを直撃した。「広報を通してください」と答えなかったが、谷岡アナの妹は「結婚という話になったら私も両親も応援します」といっている。ゴールインは近そうだ。

日テレジェニック高橋しょう子プリプリボディ全面公開!AVも近く発売

   週刊現代は巻頭が7・10にもし衆参同日選挙が行われれば、意外な結果になるという予測記事である。いわれているような自民大勝にはならないという。共産党が民進党を中心とした「野党連合」に協力すれば、週刊現代のシミュレートによると、自民党225議席(マイナス65議席)、民進党169議席(プラス74議席)になるというのだ。

   自民党は2回の直近の総選挙で約2550万票前後獲得しているが、民進党と共産党を合わせると1900万票。社民党、旧維新の党の票が加われば、2000万票を超えるからそういう結果になるというのである。投票率がどうなるかにもよるが、前回のような低いものにはならないだろう。組織票に若者たちの票が新たに加われば、さらに大きな票を野党が得る可能性はある。

   こうした「リスク」を考えると、安倍首相が同日選に踏み切る度胸はないのではないか。週刊現代のもう1本のウリは、日本テレビの「日テレジェニック」で昨年度グランプリに輝いた高橋聖子が、名前を高橋しょう子と改め、AVデビューするという記事である。

   「日テレジェニック」は加藤あい、真鍋かおり、小倉優子、井上和香などの女優やタレントを輩出してきているが、なかでも高橋はグラマラスなボディで注目を集め、アイドルバンドの「CAMOUFLAGE」のメンバーとしてもよく知られているそうだ。

   そんな彼女が何が悲しくてAVに転身したのか。きっかけは昨年9月に浮上した「援助交際疑惑」だったという。インターネット上の動画サイトに、高橋らしい女と男が喫茶店やラブホテルで密会している動画がアップされた。その際、「お泊まりでも大丈夫な日とかはある?」「その時、10万円渡すね」という男との金銭のやりとりを示すLINEの画面までが流出した。そのため、ファンの間に「愛人契約」「枕営業」などという疑惑が広まった。高橋本人は動画の一部が自分であることを認めたが、ラブホやLINEでのやりとりはねつ造だとしたが、真偽不明のまま高橋は体調を崩して活動を停止してしまった。

   それが衝撃のAVデビューというのだから、彼女のファンでなくても見てみたいと思う。今週のフライデーには彼女の水着姿が載っているが、6月3日にはヘアヌード写真集「たかしょー」がフライデーから発売されるらしい。AVのほうは発売日は決まっていないようだが、動画配信サイトやネット書店では予約が始まっているそうだ。現役トップアイドルのセックスシーンが見られるというのだからベストセラー間違いなしか。

バド桃田賢斗が脅された4枚の写真!ミニスカートまくれ上がった黒髪女が馬乗り

   週刊新潮はトップで、突然記者会見を開き、「退任する」といい出した「セブン&アイ・ホールディングス」鈴木敏文会長に何が起こったのかを詳細に書いているが、これはあす(4月15日)の当欄で触れるとして、今週は発売前から話題になっていたバドミントンのエース・桃田賢斗(21)の「美人ママとキス以上の現場写真」がウリである。

   この写真は火曜日に発売されたアサヒ芸能にも出ている。写真も同じものだ。ワイドショーなどでは、週刊新潮によればと、アサ芸については触れていなかったようだが、発売日からすればアサ芸のスクープである。アサ芸は暴力団関係者が「桃田が錦糸町界隈で派手に遊んでいるのは有名だった。キャバクラやスナックを飲み歩くうちに、複数のヤクザと顔見知りの関係になったと聞いている」と話し、桃田がしている超高級時計の一つは、ヤクザにもらったと桃田がひけらかしていたと報じている(NTT東日本広報室はヤクザとの交友については否定)。

   写真の1枚は黒髪の女性にせがまれて桃田が目を閉じてキスに応じているもの。もう1枚は、マイクを持って唄っている桃田にミニスカートがまくれ上がった女性が馬乗りになろうとしている。週刊新潮によれば、1昨年の年末頃、墨田区内のカラオケスナックで撮られたものだという。だとすると、桃田はまだ20歳になったばかりの頃である。

   闇カジノに何度も出入りしていたことが明るみに出て、田児賢一(26)はバトミントン界から無期限の登録抹消、桃田は無期限の試合出場停止になったことは多くのメディアで報じられた。

   この第一報は産経新聞だが、週刊新潮はことが明らかになり警察が動き出したのは、桃田にかかってきた1本の電話だったと報じている。その電話は3月30日の午後だった。「桃田さんですか。私は代理の者です。あなたは違法な会員制の店に通っていましたよね。女性と一緒に写っている写真も見ましたよ。よろしければ一度、お会いして話しませんか」。丁寧だが有無をいわせない口調だったという。

   21歳の世間知らずの若者が震え上がったことは想像に難くない。週刊新潮が取材を進めると、この電話の主はある映像ディレクターで、闇人脈にも通じているという。彼によれば、知人のフリーライターが田児が闇カジノで遊んでいるという情報を掴んできたので、取材に協力するつもりで関係者を当たってみたら、桃田も一緒にカジノに出入りしていたことがわかった。写真も目にした。そこでライターに代わって桃田に電話をかけたというのだ。

   この人物、脅したり写真を買い取らせるつもりはなかったと話しているが、裏がありそうだ。驚いた桃田はそのことで動転して、結果として警察が動き出し、産経が嗅ぎつけたということらしい。有名になって派手な生活がしたいという桃田の夢は、身から出た錆というしかない乱脈な私生活が暴かれ、消え去ってしまったのである。

安倍首相も手を焼くNHK籾井勝人会長の大暴走!美人記者と二人三脚でもくろむ再任

   ここから真打ち登場。週刊文春のトップは「籾井会長大暴走を支える『NHK美人記者』」という思わせぶりな特集だ。NHKの美人記者といえば、安倍首相に一番近いといわれる東大法学部卒で解説委員の岩田明子氏のことであろう。もしや岩田氏が籾井会長と『男女の仲』になっているという大スクープかと思ってあわてて読んでみたが、そうではなかった。

   要は、安倍首相が子飼いの会長として送り込んだ籾井氏が、周囲の反籾井の人間を次々に追っ払い、モンスターへと変貌を遂げつつあり、再任を目論んでいるというのだ。官邸も手を焼いていて、「再任だけは何としても避けなければならないが」(政府高官)と困り果てているというのである。

   安倍首相の人を見る目がないことは、閣僚や自民党議員に次々不祥事が発覚することで証明済みだが、一番始末が悪いこの籾井氏を会長の座から引きずり降ろすのは、安倍首相、あなた自らやるべきだろう。

   今週の週刊文春一番の読み物は、藤原紀香と結婚を発表した片岡愛之助の「隠し子のDNA鑑定を要求していた」である。私は忘れていたが、愛之助は5年前に、大阪・北新地のホステスとの間に男の子がいると報じられていたのだ。その大宮美絵さん(47・仮名)が週刊文春に愛之助の実のなさを告白している。

   その前に愛之助の経歴をさらっておこう。彼は一般家庭の出身で、松竹芸能で子役として活躍するうちに、故・十三代片岡仁左衛門の部屋子となり、片岡千代丸として歌舞伎デビューした。高校を卒業すると仁左衛門の息子の片岡秀太郎の養子となり、六代目片岡愛之助を襲名する。

   美絵さんが愛之助と出会ったのは18年ほど前。親しくなった愛之助は、難波の松竹座の近くにあった彼女のマンションに泊まるようになる。彼女は愛之助の実家の実父母も公認の仲で、実母は彼女が妊娠中にがんで亡くなっているが、彼女が看取ったと話している。子どもが生まれると、愛之助は大阪府内にマンションを購入して、彼女もホステスを辞め3人で暮らし始めたという。

「息子の名前は彼の実のお父さんがつけはったんです」(美絵さん)

   愛之助は釈明会見で、母子とは3、4か月暮らしただけだと説明していたが、美絵さんによると「彼が出て行ったのは息子が幼稚園の年中(4~5歳)のとき。もちろん父親が誰かということもわかっています」。彼女はマンションを貸してアルバイトをしながら夜間学校に通って資格を取ったという。

   息子にお金が必要なときは、そのつど愛之助にメールをして振り込んでもらった。2014年の年末になって、「お金のことでごちゃごちゃいわれるのもいややから」と弁護士を立ててきて、それからは定期的に養育費を支払うようになったという。

   愛之助は紀香との交際が発覚したときも、当時付き合っていたタレント熊切あさ美のマンションから何もいわずにいなくなっている。この男、相手が嫌になると説明責任を果たさず、屁のように消えるのが得意技のようである。

   そんな愛之助が、よりによって結婚会見の翌日、代理人の弁護士に「先方が(息子の)DNA鑑定をしてくれといっている」といわせたというのである。「五年前、隠し子騒動として報じられたとき、自分の息子だと発表したにも拘わらず、今さら何で? と強いショックを受けました。(中略)息子をどうするつもりなんでしょうか」(美絵さん)

   読んだ感じだが、このDNA鑑定云々は他に何か事情がありそうだ。愛之助は自身のブログで「今の時期に突然のことで、しかも事実とかけ離れた記事の内容が出ており、僕自身 大変驚いております」と書き、「この件に関しましては、弁護士を立て以前より話をさせて頂いております」としている。

   だが、どんな事情があったとしても、愛之助が『不実』を重ねてきた男ではあるようだ。紀香との結婚もともに白髪までといくかどうか、前途は多難のようだ。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中