IZAM「プリンス様に釘付けだった。音楽の歴史の幕がまた一つ閉じ、これから音楽業界はどう変わっていくのだろう」

印刷

   ビジュアル系バンド「SHAZNA」の元ボーカルのIZAMは4月22日(2016年)のブログで、アメリカのアーティスト、プリンスの急死を悼んだ。「朝起きて全身に衝撃が走りました」「学生時代にグラミー賞でPurple Rainを歌っていたプリンス様に釘付けになった」

   自分の音楽人生に影響を与えたのは、プリンス、カルチャークラブのボーイジョージ、マイケル・ジャクソンの3人だという。マイケル・ジャクソンに続いてプリンスが亡くなり、「音楽の歴史の幕がまた一つ閉じた。これから、音楽業界はどう変わっていくのだろう」と語った。

   ボーイジョージに向けては、「12~3年前にお会いして以来、会えるタイミングをすっかり失ってしまいました。Londonにある貴方のお家にはまだ行けていませんが...早めに伺いたいです」「僕にとっての人生最大の憧れである、あなた様は長生きしてください」と語り掛け、こう結んだ。「プリンス様、沢山の名曲と魅せるエンターテインメントをありがとうございました!心より、御冥福をお祈り致します」。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中