月9最低視聴率「いつかこの恋を~」冬ドラマの作品賞・・・クオリティは高かった

印刷

   フジテレビのドラマ看板枠の月9としてはこれまでで最低の視聴率9・7%に終わった「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(月曜よる9時)が、質の高いドラマを選ぶ「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」(オリコン主催)で、冬ドラマの作品賞に選ばれた。

   今年(2016年)1~3月に地上波とWOWOWで放送されたオリジナルドラマ27本が対象で、作家やプロデューサー、メディアのテレビドラマ担当記者らプロが投票で決める。「いつかこの恋を~」は制作サイドの意気込み、内容のクオリティーの高さが評価された。作品賞のほかに、脚本賞を坂元裕二、新人賞を西島隆弘が受賞した。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中