ダレノガレ明美、被災地を訪れ涙...... 「笑顔を与えなきゃいけないのに私が笑顔をもらった」

印刷

   タレントのダレノガレ明美(25)が5月3日(2016年)、熊本県の被災地を訪れ、その感想をツイートした。

   熊本市の動物病院「竜之介動物病院」では、避難所に入れない動物を一時的に預かったり、飼い主が一緒に避難していたりする様子を目の当たりにし、「動物と一緒に避難できる場所があることに感激しました」と綴っている。

   そして、帰宅後に「涙がでた。 笑顔を与えなきゃいけないのに私が沢山笑顔をもらった1日だった」と振り返った。

   一連のツイートの最後には「近いうちまた行くときは私が幸せをばら撒きに行くよ」と熊本への再訪を宣言している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中