ファンはメロメロ・・・歌唱中のウィンク回数1位はニノ、指さしポーズは松潤が最多

印刷

   <ミュージックステーション(テレビ朝日系5月13日よる8時)>大野智の主演ドラマ「世界一難しい恋」(日本テレビ系水曜よる10時)の主題歌「I seek」が歌番組で初めて披露された。特集は「Mステでよく見る嵐のあるあるシーン」。これまで出演した116回すべての映像をチェックして、ウィンクと指さしをメンバーごとにカウントしてランキングを決定した。

「左右どっちの目でもできるんだ」

   ウィンク回数ランキングは、1位二宮和也(18回)、2位松本潤(13回)、3位櫻井翔(10回)、4位大野智(1回)で、相葉雅紀は1回もなかった。二宮に多いのは、左右どちらの目でもウィンクができるスウィッチウィンカー(番組命名)だからだった。

   司会のタモリ「二宮すごいね。両目ウィンクできるんだ。どっちが得意ってことないの」 二宮は左右それぞれウィンクして見せて、「うん、右かな。きょう歌うときにやってみますね」

   1度もやったことがない相葉雅紀は「羨ましいっす」といいながら懸命にウィンクしようとするが、顔が歪むだけだ。

それぞれで違う指さしアクション

   指さしは人気の高いアクションだが、振りつけでなくアドリブがほとんどだ。1位は松本潤(32回)、2位相葉雅紀(31回)、3位二宮和也(28回)、4位櫻井翔(18回)、5位大野智(11回)だった。同じ指さしでもそれぞれ得意技があって、松潤はカメラ目線で手のひらを上に向けた逆さ、相葉ちゃんは指のぐるぐる回し、二宮は唇に触れてから投げキッス、両手を使う大野など、さまざまなバリエーションがあった。

   今後はランキング1位を目指して、嵐のウインクと指差しが連発しそうだ。

知央

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中