エジプト機墜落「テロ」濃厚!地中海ギリシャ沖で機体破片やライフジャケット

印刷

   乗員乗客66人を乗せたパリ発カイロ行きのエジプト航空機が地中海上空でレーダーから消えた。司会の夏目三久が「最新情報をお伝えします」とパリの豊島歩記者を呼ぶ。豊島記者によると、エジプト当局はテロの可能性があると見ていて、ファタヒ民間航空相は「技術的ミスの要因よりテロ可能性のほうが高い」と語った。

   フランスのオランド大統領は「すべての可能性について調べる」と語っている。カイロの村瀬健介記者も「ロシアの情報機関はテロと見られるとしています」と報告した。

情報錯綜・・・フライトレコーダーがカギ

   豊島記者はギリシャ沖にあるカルパドス島付近の海上で航空機の一部らしいプラスチックの破片やライフジャケットが発見されたことに触れ、「エジプト機のものと確認されました」と伝えた。

最新情報です

   しかし、カイロの村瀬記者は「エジプト航空機のものかどうか、まだ確認されていません」とリポートし、情報は錯綜している。フライトレコーダーの発見が待たれる。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中