沖縄・元海兵隊員逮捕!決め手になったYナンバー「米軍関係車両だ!」

印刷

   沖縄県警は19日(2016年5月)、うるま市で行方不明になっていた島袋里奈さん(20)を雑木林に捨てた死体遺棄容疑で、嘉手納基地で働く軍属シンザト・ケネフ・フランクリン容疑者(32)逮捕した。

   フランクリンは「動かなくなった女性を雑木林に捨てた」と容疑を認め、供述にもとづいて恩納村の雑木林を捜索したところ島袋さんの遺体を発見した。殺害をほのめかす供述も始めているという。

証拠隠滅?車内に塩まく防犯ビデオ映像

   島袋さんは4月28日夜、同居している交際相手にLINEで「ウォーキングに行ってくる」とメッセージを残したまま行方不明になっていた。逮捕のきっかけは防犯カメラに映った不審な車のナンバーだった。島袋さんのスマートフォンの位置情報が途絶えた埋立地周辺の防犯カメラの映像を調べると不審な車が写っていた。米軍関係者を示すYナンバーだった。沖縄県警が米軍にナンバーを照会し、フランクリンの車と分かった。

   フランクリンは埋立地から20キロ以上離れたコンビニに移動し、コンビニ駐車場で車内に塩をまく姿がコンビニのカメラにあった。日本人女性と結婚し嘉手納基地でコンピューター関係の仕事をしている。

   島袋さんはショッピングセンターの化粧品売り場で働き、化粧品関係の資格を取るため勉強中だったという。フランクリンとの接点は確認できず、面識はなかったとみられている。

日本に裁判権「日米地位協定」の公務外犯罪!

   フランクリンは日米地位協定で定められた軍属に当たるが、公務外で起こした事件のため、県警は日本の刑事手続きにそって送検する方針だ。米兵や基地で働く軍属の日本での権利を定めた日米地位協定では、公務中に起こした犯罪はアメリカ側が裁判権を持ち、公務外の犯罪は日本側が裁判することになっている。翁長雄志知事は「やはり基地があるがゆえの事件が起きてしまった。こういうことが起こりますと、私からすると大変残念です」と語った。

   日米関係に詳しい早稲田大大学院の春名幹男客員教授は「公務外の犯罪なので日本で裁くことになると思いますが、これがきっかけで沖縄に人たちにはいろいろな思いが再び浮かびあがってくると思います」と話す。来週27日にはオバマ大統領の広島訪問が控えており、影響がありそうだ。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中