カンニング竹山仕事復帰「急性喉頭炎が1日で治るわけね~だろ!あぁ、サンミュージック峠である」

印刷

   急性喉頭炎で入院していたお笑い芸人のカンニング竹山は5月20日(2016年)、ツイッターで「昨日から働いているが、急性喉頭炎が1日で治るわけね~だろ!」と語った。

   竹山は18日、病室のベッドでマスクを付けて寝ている写真をツイッターに投稿した。

「急性喉頭炎と言う病気になり熱が凄いので半日入院してました!まだ熱があるので本日は仕事休みます!関係者各位どうもすみません!インフルエンザの疑いは全くありませんとの事。良かった。明日から働きます」

   だが同日夜には、「熱が全く下がらず。。。ヤバい」と投稿していた。翌19日の夜も「やっぱりまだダメだ。寝る」とあり、20日の投稿で仕事復帰を明かした。「あぁ、サンミュージック峠である」とも語っており、これに関しツイッターでは

「サンミュージックの関係者、ベッキーちゃんが居なくて、竹山さんが倒れて長期休養とかなったら、それこそヤバイですよ。数日休ませてあげて下さい」

などのコメントが寄せられた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中