当たりまくり日経新聞の競馬記者!12レース中11レースで「本命・対抗」1着

印刷

   今週の日曜日(2016年5月22日)は3歳牝馬の祭典「オークス」だ。私同様競馬が当たらなくて困っている諸君に朗報か。週刊ポストによれば、日本経済新聞の競馬記事が当たるというのである。競馬記者・野元賢一氏がその人。1964年生まれで東大法学部を卒業後、毎日新聞に入ったが、どうしても競馬がやりたくて「ラジオNIKKEI」のある日経に途中入社したというのだから、相当な競馬好きである。

   彼は厩舎回りもしないし、お付き合いで親しい厩舎の馬を大穴にしたりはしない。彼は日頃から「競馬記者の仕事は、最終的に自分が責任をとる覚悟を持たないといけない」といっているそうだ。その言やよし。<「全国紙の日経は大穴を狙う必要もないため、本命を中心とした堅実な予想になる」(競馬フアン)>

   5月1日に行われた12レース中11レースで、野元氏が本命・対抗にした馬が1着でターフを駆け抜けたという。よし今週は野元馬券で負けを取り返そう。

NHK「ファミリーヒストリー」鳥越俊太郎の家系図まったく別物だった

   NHKに「ファミリーヒストリー」という人気番組がある。著名人の家族の歴史を本人に代わって徹底取材して、その人間のルーツを探し出してくれるのだ。昨年(2015年)7月10日の放送ではジャーナリストの鳥越俊太郎氏が取り上げられた。だが、週刊新潮によれば、番組で鳥越氏の家系図だとして出されたのは、まったくのデタラメなものだったというのである。

   鳥越氏の郷里は福岡県うきは市吉井町で、実家は鳥越製粉という製粉会社。その三代目社長・繁喜氏を支えたのが弟で、鳥越氏の父親の俊雄氏だった。番組では鳥越家の親戚だという鳥越市治氏が家系図を差し出し、「家系図に記されたもっとも古い祖先は戦国時代を生きた人物。名は興膳」というナレーションが入る。興膳は戦国大名・大友宗麟の家臣。関ヶ原の戦いで豊臣方についたため不遇の時代を過ごし、その後、鳥越俊太郎氏の曾祖父が鳥越製粉の基礎を築いたと紹介された。

   それを知って鳥越氏は「昔から権力側につかないという気持ちがあったんだな」と興奮気味に語ったという。だが、この家系図は同じ市に住む鳥越俊太郎氏とはまったく関係のない鳥越家18代当主鳥越光氏のものだったのだ。週刊新潮が見た光氏の家系図は詳細なもので、興膳まで正確にたどれるという。光氏から抗議を受けたNHKエンタープライズのプロデューサーと制作会社の女性ディレクターが来て、話し合いをしたが結論は出なかった。そのうえ、帰り際に「穏便にしましょう。これで終わらせましょう」といったというのだ。番組をつくっている連中はお笑いバラエティぐらいにしか考えていないのであろう。さすがに再放送はしないという連絡はあったという。

   だが、今年の2月、朝日新聞に鳥越俊太郎氏が自分の半生を語ったインタビュー記事が載った。そこで鳥越氏は「先祖は興膳だったそうです」と話している。NHK側は抗議があったことを鳥越氏に伝えていなかったのだ。

   呆れるのは、週刊新潮がNHKに質問状を送ったところ、「放送内容については問題ないと考えています」(広報局)という返事が返ってきたことである。さらに、当の鳥越氏も「朝日新聞で興膳に触れたのは、記事を書いた記者の作文でしょう。もちろん私もゲラで確認したから責任がないとは言わないが、私から興膳の話を積極的にしたわけじゃない」と語っている。

   記者が自分のいっていないことを書いたら、ゲラで直すのがイロハのイだ。そのまま載ったら抗議しなくてはいけない。それに、間違ったことを全国へ発信したNHKに抗議し、もう1度番組を作り直させるべきだと思う。鳥越氏は今はジャーナリストではなく、「がん評論家」なのだから致し方ないか。

日産ゴーンCEO虎視眈々と狙っていた三菱自傘下引き入れ!昨年秋から経営状況調査

   三菱自動車が日産自動車の傘下に入ることが決まったが、重大な燃費のゴマカシが行われていたことの責任を誰がとるのか不透明である。週刊文春は三菱自の天皇と呼ばれていた益子修会長を直撃インタビューし、週刊新潮は日産のゴーンCEOがかなり前から三菱自を傘下に収める下調べをしていたことを明らかにしている。

   益子氏は三菱商事出身で、三菱自の経営再建のために送り込まれたという。今回の不祥事について週刊文春が聞くと、「開発(部門)の中が分からなかった」「(燃費偽装を=筆者注)知りませんでした」「現場には行くけど、そういうのをやっているのは分からなかった」「(燃費目標を5回も上げたではないかという質問に=筆者注)僕は『できないでしょう』と言ったけど、『できる』と言われるとね」と、自分は知らされていなかったと逃げるばかりだ。三菱自がまとめた調査結果には、データ改ざんの背景には「目標達成へのプレッシャーや、幹部社員らの高圧的な言動による物言えぬ風土などがあった」と書かれているのにである。

   週刊新潮によると、軽自動車の燃費データに不審な点があることに日産が気付き、三菱自に通知したのは昨年11月だったが、その段階から日産は三菱自や三菱グループの経営状況を調べ始めていたそうだ。提携発表後にゴーン氏の右腕と称される人物が首相官邸を訪れ、菅義偉官房長官に三菱を傘下に収めることを報告しているという。

   <「日産としては三菱自動車を三菱グループから切り離して完全に自社のコントロール下に置きたかったのですが、重工側は『待ってくれ』と。で、第三者割当増資という案が出てきたのです」(専門誌記者)>

   三菱自が不正を発表して、日産はうま味のあるところまで三菱の株価が落ちたタイミングを見計らって提携を発表したというのである。徹底した合理主義者のゴーン氏だから、三菱自には厳しいリストラを持って臨むという観測がしきりである。三菱自の社員は残るも地獄、去るも地獄となるのだろうか。

   こうした民間企業の浮き沈みを見ていると、学生たちの指向は「やはり大樹の陰」と公務員志望が多くなるのは間違いない。私の知る慶應大の学生は、慶応の職員になるといっている。大学の職員は給料がよくて休みも多く、志望者が多い狭き門だそうだ。

   週刊現代の巻頭特集は「役人だけが幸せな国」。「役人はいつの間にか自分たちの給料だけ上げていました」「年金充実で公務員の老後だけは安泰です」「こんなに休んでこんなに福利厚生」「リストラなし、役員定年もなし」。いつもながらこうした記事を読むと、この国はつくづく役人天国だと思う。

張本勲がオバマ大統領にぜひ見てほしい広島原爆資料館の「ある服」

   オバマ大統領が5月27日に広島を訪問する。週刊新潮は巻頭で「オバマが広島でやるべきこと」を特集しているが、この2人の意見には賛成する。野球評論家の張本勲氏は5歳の時に被爆し姉を失っている。<「絶対に資料館であの『服』を見てほしい。あそこには、女の子用の小さな服が展示されている。3歳か4歳の子のものかと思っていたら、高校生の洋服だった。洋服もこんなに縮んでしまうのか、と胸を打たれました」>

   作家の大下英治氏は1歳の時に母親の背中で被爆し、父親は全身火傷で亡くなっている。<「大統領には、被爆者の話を直接聞いてほしい。資料館も行くべきですが、あそこにあるのは『死者の記録』。それに加えて、地獄を背負って生き延びてきた人たちの言葉を、生で聞いてほしいのです」>

   オバマが何を思い何を言うか。世界中が注目しているはずである。

ジョコビッチ強さの秘密「グルテンフリー」日本人向き健康法

   次は錦織圭が何回やっても勝てない『王者』ジョコビッチの話。彼の強さの秘密は「グルテンフリー(小麦抜き健康法)」にあると週刊ポストが報じている。グルテンフリーとは、簡単にいえば、パン、うどん、ラーメン、揚げ物やビールなどを断つのである。そうすると頭痛やめまい、下痢などの体調不良が改善されるというのだ。

   欧米ではこの健康法が広がり、スーパーやレストランにもこれらの食品が並んでいるという。この食事法は、日本人には難しくない。主食をお米にすればいいのだ。お米にはグルテンもアレルギーもほとんどない。

   焼きそばはビーフンに、ラーメンはベトナムのフォーに。そばは十割そばOK。どら焼きの代わりに大福や羊羹。クッキーの代わりにマカロン。ビールや麦焼酎は飲めないが、ウイスキーはOK。芋焼酎も大丈夫ではないのか。ただ、小麦アレルギーでない人がパンや麺類を急にゼロにすると、逆に血糖値が上がってしまうこともあるというから、要注意だそうだ。

セブン&アイ鈴木敏文会長の足引っ張った直系常務!納入会社美人社長との近すぎる関係

   FLASHに興味深い記事がある。週刊誌には怖い存在の「セブン&アイ」だが、鈴木敏文会長が退任を表明して約1か月半が経ったが、鈴木体制が抱え込んでいた「時限爆弾」の存在が浮上してきているというのだ。<「ほぼ実績のないA社が、経営幹部の強引な推薦で、イトーヨーカ堂にノートを納入する業者になった」(セブン&アイ関係者)>

   このことが鈴木降ろしの遠因だといわれているというのだから穏やかでない。A社はノートや雑貨の企画・卸、バラエティ番組やタレントのキャスティングを手がけていて、社長は31歳の美人だそうだ。彼女はモデルやタレントの仕事をして、西麻布の飲食店でホステスをしていた。その頃に芸能プロダクション関係者と繋がりができA社を立ち上げた。

   この会社が納入したノートはほとんど売れなかったが、イトーヨーカ堂の常務執行役員と出会ったことで、審査の厳しいイトーヨーカ堂と取り引きできるようになったという。FLASH調べでは、2011年の売上高は1000万円、12年2000万円、13年4000万円、14年1億5000万円、15年は5億円とうなぎ登りである。

   この常務氏は鈴木派直系で、絶対権力者だったというが、昨年10月に監査部門の調査で在庫隠しが疑われ、A社との不正な取引が問題になった。再調査も決まっていたのに、突然中止されたそうだ。そして2月に常務氏は関連会社社長に「左遷」されたという。

   5月26日にはセブン&アイHDの株主総会が開かれる。まだまだ隠されていたウミが吹き出しそうだ。

そそるねえ「高橋しょう子」のヘアヌードの迫力!AV買いたくなった

   フライデーの「高橋聖子改め高橋しょう子『白い乳房の感動ヘアヌード!』」を紹介しよう。彼女の初ヘアヌード写真集「たかしょー」はフライデーから6月3日に発売される。今回は第2弾だが、さすが「日テレジェニック2015」を受賞したカラダははち切れんばかりである。乳房は大きいがやや垂れ気味。ヘアの量は多い。顔は私好みではないが、うつ伏せになってお尻を持ち上げている背中からお尻にかけての線が美しく、迫力満点。

   AV版『高橋しょう子』(MUTEKI)も買いたくなってきた。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中