広島訪問のオバマ大統領・・・言葉では謝罪しないが献花で気持ち表明

印刷

   アメリカのオバマ大統領は伊勢志摩サミット終了後の27日(2016年5月)午後、大統領専用機エアフォースワンで中部国際空港から岩国基地に行き、基地からヘリで広島入りし、車で広島平和記念公園に向かった。献花の花は、両親が被爆し生花店を営む谷沢隆生さん(66)が広島のカーネーションをメインに約100本の生花で作った直径80センチ、重さ3キロの花束だ。

微妙ですよね

   元共同通信ワシントン支局長の春名幹男・早稲田大客員教授は「言葉では謝罪しないが、しかし花を持って行って捧げる。これで気持ちが相当伝わると思います」

   作家の吉川みち子「微妙ですよね、謝罪を求めないところは日本人の奥ゆかしさとして受け取ってもらえたのか、あるいは日米の力関係というふうに映るか。謝罪を求めることすらしなかったのは、日米関係の象徴的な姿と映るかもしれない」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中