<1年前のワイドショー>新国立競技場「デザイン白紙撤回」文科相・都知事のドタバタで明らかになったずさん計画

印刷

   新国立競技場のデザイン白紙撤回騒動は、1年前の文部科学相と舛添都知事の会談が発端だった。水膨れした建設費に慌てた文科省は500億円を東京都に負担させようとしたが、舛添知事はそんな約束は聞いていないと拒否したのだ。テレビ朝日系の「羽鳥慎一モーニングショー」はさっそくこれを伝えた。<どんぶり勘定のボロが出た東京五輪!新国立競技場建設で国と都が「言った、言わない」

   「モーニングショー」もこのときはデザイン再公募まで事態が広がるとは予想していなかっただろう。その舛添知事はぜいたく海外出張や公用車で別荘通い、政治資金の私的流用が次々とバレて窮地に追い込まれた。このときの500億円支出拒否の意趣返しで誰かに仕掛けられたか? いや、そんなことはないよねえ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中