「山口組VS神戸山口組」ついに幹部射殺!岡山の住宅街で待伏せ銃乱射

印刷

   きのう31日(2016年5月)、岡山市南区の住宅街のマンション駐車場で指定暴力団神戸山口組系池田組のナンバー2の高木忠若頭(55)が拳銃で撃たれ、病院に運ばれたが死亡した。近所の人によると、現場付近から男がバイクで走り去ったという。岡山県警は分裂抗争に関係していると見て犯人の行方を追っている。

   司会の夏目三久「山口組分裂をめぐる抗争が始まってから初めての死者です。一時沈静化していた抗争が、今後さらに激化していくのでしょうか」

住民目撃「バンバンバンと銃声がしてバイクで走り去った」

   近所の男性は「4発くらい銃声みたいな音というか、バンバンバンバンと聞きました」といい、「けさ(31日)9時半ごろ、オートバイで待ち伏せしていたのだろう。奥さんが送って行くところを撃たれた」と目撃した人もいる。岡山市立の小中学校は全校を集団下校にした。

怖いです

   池田組は昨年(2015年)8月に指定暴力団山口組から離脱し、神戸山口組を結成した暴力団のひとつ。資金豊富で、組長は神戸山口組で要職に就く中心的人物だという。山口組と神戸山口組との抗争事件はこれまで70件以上怒っているが、伊勢志摩サミット期間中は鳴りを潜めていた。

一気に抗争激化!警察庁が通達「取り締まり強化と市民安全確保」

   これからどうなるのか。かつて山口組の4代目組長のボディーカードで、現在は暴力団の更生を支援しているNPO「五仁會」の竹垣悟代表はこういう。「お互い抗争覚悟で分裂して、にらみ合っているんだから、この岡山での第1発で抗争がドンと広がっていく。

   若頭が(命を)取られたのだから、普通の抗争ではなく大きいですよ。一般のそこらの組員がやられたのとは違う。神戸山口組側はこの事件に関して報復は一切するなという通達を出したらしいが、その通達がどこまでいけるかということですね。抑えても抑えきれるもんじゃないと私は思いますよ」

   警察庁は全国の警察本部に両団体の取り締まり強化と。市民の安全確保を求める通達を出した。

一ツ石

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中