シャラポワ「2年間資格停止」ドーピング検査で禁止薬物!知らなかったはずない

印刷

   国際テニス連盟は8日(2016年6月)、ドーピング違反が発覚したテニスのシャラポワ選手(29)を2年間の資格停止にすると発表した。これで4大会優勝を果たしているシャラポワ選が唯一持っていない五輪金メダルは絶望的になった。

   シャラポワは今年1月、全豪オープンのドーピング検査で禁止薬物のメルドニウムの陽性反応があり、3月から暫定的な出場停止処分を受けていた。国際テニス連盟は資格停止のほか、全豪オープンベスト8の成績と世界ランキングポイントを無効とするとした。

「持病の薬で10年間飲んでいる」

   シャラポワはフェイスブックで、スポーツ仲裁裁判所への提訴の意向を明らかにしているという。持病のために10年間飲んでいた薬の成分がドーピング禁止リスト加わったのを知らなかった。故意ではないというのがその理由だ。

厳しいねえ

   国際テニス連盟も意図的ではなかったことは認めているが、ドーピングリストが変わったことを5回も知らせており、知らなかったではすまされないと厳しい。

   司会の小倉智昭「厳しいねえ。でも、選手はともかく、コーチは絶対に知っていることですから、コーチがしっかり注意しなければいかなかったということでしょうね」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中