たけのこ狩り狙うクマ!人間をエサと認識・・・鈴鳴らすとかえっておびき寄せ

印刷

   たけのこ狩りのシーズンを迎えた秋田県鹿角市で、クマによる被害が続いている。先月21日(2016年5月)からすでに4人が犠牲になった。鹿角市の南約80キロの仙北市でも男性2人が行方不明になっている。クマに襲われた可能性があり、地元警察・消防がけさ13日(2016年6月)から捜索を始めた。

   74歳の女性はクルマが頻繁に通る県道からほんの200メートルほど入った農道で襲われていた。性別がわからないほど激しく損傷していた。地元猟友会は付近で体長1.3メートルのメスのクマ1頭を射殺した。ヘリからは遺体のそばから離れないクマが確認されていたというが、付近には他のクマがいたといい、女性を襲ったのがこのクマかどうかはわからない。

被害は半径2キロ以内に集中

   被害者はいずれも1人で山に入っていた。襲われたのは半径2キロ以内の狭い範囲だ。同じ地域で襲われたが軽傷で助かった女性は「腰が抜けて、竹やぶに座ったの。クマが鼻に向かって口開けてきたんで、とっさに足で2、3回踏んだんだ」と話す。それでクマが怯んで助かったらしい。

去年の1・6倍

   クマの生態に詳しい人によると、意図的に人を狙っている感じがあるという。クマはもともとは人を食べないものらしいが、なかには「人間を餌と認識しているクマがいる可能性がある」という。クマよけには鈴を鳴らすなどしてクマが逃げるようにするのだが、今回は逆におびき寄せる可能性があるので危険だという。「安全が確認されるまで地域に立ち入らないでほしい」

注意されても「クマに襲われる確率ほとんどない」

   それでも人が来るのはたけのこだ。一帯には竹林が多く、一斉に新芽を吹くこの季節、大勢の人がたけのこ狩りに入る。長さ4、50センチの小さなたけのこが山のように採れる。柔らかくて、まさに季節の味覚。地元では、クマの危険を警告する看板を立てたり、自治体職員や警察官が口頭で注意を呼びかけたりしているが、車で山道を入ってくる人は後を絶たない。「好きだからね。怖いは怖いけどね」「筍大好きだから。確率として(クマに襲われるのは)何千人来ているうちの2、3人でしょ」と意に介さない。

   司会の夏目三久「東北6県では4月からの2か月で、クマの目撃情報が800件にもなり、昨年の1.6倍とのことです」

   クマの行動環境になんらかの変化が起こっているということだろう。里山の変化は人間の側にも責任があるかもしれない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中