市川海老蔵「週刊文春さんがあいさつに来た。今後ともよろしくお願いします」

印刷

   歌舞伎俳優の市川海老蔵(38)は6月13日(2016年)のブログで、週刊文春が弟子の家に取材に来たと明かした。「おいおい お弟子さん関係ないのにセンテンススプリングさん」「うぅ、申し訳ない、弟子に...」と、彼らのやり方に疑問を呈していた。

   それを受けてか翌14日のブログによると、週刊文春が海老蔵の元にあいさつに来たという。海老蔵は「南禅寺山門の場面も来るということをわざわざ伝えに私の楽屋まで...」と驚き、「対応の仕方が流石に週刊文春さんだなと逆に学びました。今後ともよろしくお願いします」と感服していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中