「舛添都知事」最後は安倍首相が引導?いま辞めれば再起の芽はあるよ

印刷
「舛添都知事が一転して辞職するウラには何があったのですか」

   司会の羽鳥慎一がテレビ朝日政治部の中丸徹・与党キャップに聞く。「舛添知事はリオ五輪までやると涙で訴えてきましたが、きのう(2016年6月15日)の朝、一生懸命に話しても伝わらないと都庁関係者に言ったそうです」という。

   舛添知事はおととい夜、いったん帰宅したがすぐ都庁に戻り、1時間後にまた出ていくという慌ただしい動きを見せた。この間に、都議会自民党の内田茂幹事長に「君との関係まで終わりにしたくない」と説得されたとの話もある。

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「自民党は最初すぐに辞めさせようとは思っていなかったんですね。だから、ここまできた。取り引きがあったのではないですか」

   中丸「いやあ、わからないですよ」

背後でさまざまな駆け引き・取り引き

   宇賀なつみキャスターがけさの日本経済新聞の記事を紹介した。安倍首相が自ら引導を渡したという情報が載っている。首相は「いま辞めれば再起の芽がある」と言ったそうだ。

さまざまな情報

   中丸「それは方便だと思いますね」

   羽鳥「いろいろな情報があって、推測もあります」

   知事選は7月14日告示、31日投開票の案が浮上している。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中