これでいいのか!辞職で舛添疑惑追及幕引き・・・集中審議も定例会見も中止

印刷

   「舛添さんの疑惑はこのままでいいのでしょうか」と司会の羽鳥慎一が疑問を投げる。辞めるからといってウヤムヤにしていいわけがない。20日(2016年6月)に予定されていた東京都議会の集中審議は中止、強い調査権限を持つ百条委員会の設置動議は与党などの反対で否決された。きょう予定された定例会見は舛添知事が拒否し、辞職する21日にも退任会見を行わない。「辞めるのだからもういいだろう」と言わぬばかりだ。

宿泊ホテルの領収書明細提出、湯河原の別荘売却もウヤムヤ

   都庁に16年間勤務した中央大の佐々木信夫教授は「定例会見はやるべきです。説明して、記者の質問を受けるのが知事の職務です」と指摘する。

これこそが問題

   羽鳥「逃げるのかと、そう言われてもしかたないですよね」

   家族旅行先のホテルの領収証につけられていたはずの明細書について、舛添知事は「(提出するようホテルに)指示を出す」と約束している。「モーニングショー」がホテルに問い合わせたが、広報担当者は「個別には答えない」という。第三者に売却してケジメをつけるとしている湯河原の別荘については、地元の不動産会社は「売りに出されたという話は聞いていない」という。事実上、これでおしまいか。

最後の給料も退職金も支給

   吉永みち子(エッセイスト)「なによりも、こういうウヤムヤが問題なのですよ」

   舛添知事が全額を辞退すると語った月額145万円の給料返上条例案は取り下げられ、退職金2200万円も出る。

   羽鳥「これで追及しないと、何もなしで終わってしまいます」

   政治資金流用は舛添知事だけがやっていたとは、都民は思っていない。大なり小なり政治家はみなやっているのではないかと疑っているのだ。舛添辞任でフタをすることは許されない。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中