デヴィ夫人「毎日テレビで流れるあきれた事件!地に堕ちた日本人のモラル、一体どうしたの」

印刷

   タレントのデヴィ夫人は6月29日(2016年)のブログで、「毎日、TVニュース・ワイドショーで流れる、あきれた事件!!日本のモラルの低下、一体どうしてしまったのでしょうか」と具体例を挙げて批判した。

   1つは、長野県善光寺の貫主がセクハラなどで訴えられた件だ。「貫主といえば、誰もが人徳者であると思うはず。古来より歴史ある善光寺にこのような醜聞で汚されるなど残念ですね」と嘆いた。ツイッターに半裸画像を投稿した東京高裁の岡口基一裁判官には、「こんなあきれた人物が東京高裁裁判官だなんて!厳重注意だけだなんて、なんて甘い判決なんでしょう」

   この約1カ月間に起きた警察官や公務員の不祥事21件も列挙し、「まったく、地に堕ちた輩ばかりで、情けない限りです!」と断じる。「他に未成年による犯罪等々も多発しています。何と嘆かわしい 日本人のモラルの無さ。情なし、言葉も見つかりません。皆さま どう思われますか」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中