「スーパーマリオ」世界最速記録!無理と言われた夢の4分56秒台

印刷

   YouTube(ユーチューブ)の人気ジャンルのひとつに、ビデオゲームのプレイ動画がある。ファミコンなどレトロゲームのクリア時間を競う「スピードラン」も人気で、アメリカのダルビアンさんが「スーパーマリオブラザーズ」で4分56秒878という新記録を打ち立てた。従来の記録は57秒台どまりで、人間の手では56秒台到達はむずかしいとの見方もあった。ダルビアンさんはそんな限界説を見事に覆したのだ。

   NES(ファミコンのアメリカなどでの呼称)本体を使い、動画も生配信した上での記録達成で、視聴者からも「チート」などを疑う声はほとんど出ていない。

55秒台も時間の問題か

   「人間には不可能」とも言われた夢の56秒台。この新記録は当分、破られることはないのだろうか。実はそうとも言えないようだ。スーパーマリオのクリア研究は日進月歩で進んでいて、さまざまな最速クリア時間を単純に合算すると、55秒台が出る可能性が指摘されているという。ダルビアンさんのプレイにもいくつかの「ミス」があったとする向きがある。まだ記録更新が続きそうだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中