「首都停電」老朽ケーブルから発火!「屋根より高く炎が上がった」(近所住民)

印刷

   きのう12日(2016年10月)午後2時50分ごろ、埼玉県新座市の地下を走る東京電力の送電ケーブルから出火、東京の11区で約59万軒が停電した。午後3時半ごろに目撃者が撮影した現場映像には、地下から黒煙が噴出し、激しい火花も出ていた。別の目撃者映像でも5メールくらいの火柱が近くの建物よりも高く立ち上っていた。

   撮影した男性は「もうまっ黒で、爆発も3回ぐらいあった」と話し、近くの住民は「家の中までタイヤが燃えるような臭いがしました」と証言する。鎮まらない火災に、午後5時半ごろには穴の中にドライアイスを投入され、午後6時ごろにやっと鎮火に向かった。

今年6月に目視点検

   停電で豊島や練馬区などを中心に都内200か所で信号が消え、霞が関の官庁街や警視庁も停電した。西武新宿線や池袋線は最大1時間半にわたりストップ、9万人に影響した。

ビックリしました

   火災の原因は地下6・5メートルにあるケーブルが破損したためらしく、東電は絶縁部分にトラブルが起き、亀裂が入ったところへ電気の火花が散ったと説明した。問題のケーブルは敷設から35年以上たつ。年1回、今年は6月に目視で点検し、異常はなかったという。

   司会の加藤浩次「耐久年数50年ぐらいと考えられているそうですね」

   坂口孝則(経営コンサルタント)「ほかにも点検方法はありますが、コストがかかります。日本は世界でも停電の少ない国です」

   加藤「少ないから、起きるとビックリしますよ」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中