「相棒いない右京さん」好発進!視聴率15・5%・・・仲間由紀恵準主役で『3人組』

印刷

   テレビ朝日系ドラマ「相棒」(水曜よる9時)のシーズン15が12日(2016年10月)にスタートし、初回視聴率15・5%と好発進だった。前シーズンでは法務省から「特命係」に出向していた冠城亘が、今シーズンでは警視庁に転籍となってやってきたが、配属されたのは広報課で、杉下右京は相棒がいないままの「一人特命係」だ。

   しかし、冠城は昼飯を特命係の部屋で食べるなど、何かと顔を出し、とうとう右京さんの事件にも首を突っ込む。上司の広報課長(仲間由紀恵)は何か思惑があるのか、これを黙認している。

   今シーズンは水谷豊、反町隆史に主役に、仲間が準主役としてからんでいくストーリーのようだ。第1話の最後で、警察庁官房付の甲斐峯秋の裏工作で、冠城は特命係に異動になった。(テレビウォッチ編集部

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中