「品がない」科学にイグ・ノーベル賞・・・発表・授賞式がこれまたハチャメチャ

【サイエンスZERO 「笑いと科学の祭典! イグ・ノーベル賞!」】  Eテレ 10月16日(日) 23:30 ~00:00

印刷
(C)NHK
(C)NHK

   風変わりな科学研究に贈られるイグ・ノーベル賞の授賞式が9月22日(2016年)、ハーバード大学で行われた。語源が「Ignoble(品がない)」からきている通り、熊に襲われても死なない「不死身スーツ」や犬語翻訳機の開発、130年間鳥のフンが付かない銅像など、ユニークな研究が受賞してきた。

   今年、日本人では立命館大学の東山篤規教授と大阪大学の足立浩平教授が受賞した。前かがみで頭を逆さにし、両足の間から見ると物の見え方が変わるという「股のぞき効果」の研究結果だ。この番組がイグ・ノーベル賞を特集するのは今年が初めて。アメリカでの発表当日の様子や、日本人の受賞研究を詳しく紹介する。

サイエンスZERO 「笑いと科学の祭典! イグ・ノーベル賞!」

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中