地元の期待ふくらむ「宮城・長沼ボート場」五輪開催!小池都知事あす現地視察

印刷

   東京五輪のボート・カヌー競技場問題で、小池都知事はあす15日(2016年10月)に宮城県登米市の長沼ボート場を視察する。建設費が当初設計の7・5倍の519億円にもふくれ上がった「海の森水上公園」の代替候補地として挙がっている競技場だ。

   宮城県の村井嘉浩知事は「実際に見ていただいて、空気感を得て、こちらがいいと思えば進んでいただきたい」と話す。「スッキリ!!」はきのう13日に取材に出かけていた。

「大震災仮設住宅」2部屋を1部屋にして選手村

   阿部祐二リポーターが行ってみると、登米市内には「東京五輪を長沼ボート場に」という看板が10か所に立っていた。市民は「復興五輪といいますから、東日本大震災の地区から復興の言葉を生かしたい」と話す。

tv_20161014124956.jpg

   被災者用仮設住宅を選手村に使うためのリフォーム工事が行われていた。2部屋を1部屋にし、天井は2メートル以上の高さだ。近くの住民は「使われたらうれしいですね。自分たちが住んだところを話題にして選手との会話ができる」と期待を寄せる。

埼玉・戸田ボート場も売り込み「都心から近いし、何より淡水コース」

   もう一つの代替候補地、埼玉県の戸田ボート場に近い彩湖にもおととい12日に行った阿部リポーターは、「ここは風も波もない」と改めて立地の良さを確認した。戸田ボート場で練習する学生選手は「都心から近いし、一番大きいメリットは淡水であること」と話す。ただ、こちらは整備に「海の森」を上回る558億円がかかる。

   司会の加藤浩次「建設費用、アクセスなどそれぞれにメリット、デメリットがあるんですね。小池知事は都政のウミを出そうという気持ちはあるだろうけど、候補地の人たちの気持ちも大事にしてほしいですね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中