「泣き歌の貴公子」林部智史を聴くとなぜ涙が出てくるの?思い出しただけでジワーッ

印刷

   その歌声を聞いた人は必ず泣いてしまう、通称「泣き歌の貴公子」林部智史という歌手をご存じだろうか。「モーニングショー」がコンサートにでかけてみると、「なんでしょうね。ジーンと来るんですよね」「声を聴くだけで、いま話しててもジワッと来ちゃった」という観客はみな涙ぐんでいる。

   林部は新聞配達をしながら音楽専門学校に通い、テレビ番組で100点連発のカラオケ王者として注目を集めた。今年2月(2016年)、「あいたい」でデビューすると、チャートはみるみる上がり、アッという間に有線1位となった。

「スローテンポの曲はとにかく音程を外さないこと」

   どうして泣けるのか。林部からカラオケのカンタン上達法も伝授してもらった。「最低限、音程は守りたいところですね。とくにスローテンポの歌は音程のミスがごまかせないので注意が必要です」

tv_20161014130617.jpg

   山本雪乃アナが挑戦した。キロロが歌ったスローテンポの「未来へ」なのだが、音程ズレまくりで1回目は75・609点。ここで林部からアドバイス。「音程正確率が65%ということなので、まだまだ上げられると思います。音程は自分が思っているよりも低かったりするんです。それを防ぐために、意識的に口角を上げて歌う。これだけで高い音が出やすくなり、音程が取りやすくなります」

   山本が再度挑戦すると、点数は88・067、さらに3度目は89・2点にアップした。

美空ひばりと同じ音の波長

   司会の羽鳥慎一「それにしても『泣ける歌声』の秘密ってなんなんでしょうね」

   野上慎平アナ「林部さんは実は美空ひばりさんと声の波長が同じだったんです。残念ながら、これは訓練してできるものではなくて、生まれ持った才能だそうです」

   たしかに、どんなに上手な歌手が美空ひばりの曲を歌っても、あの情感は出せないものな。

文    ビレッジマン | 似顔絵 池田マコト

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中