<グッドモーニングショー>
ワイドショーは今朝もテンヤワンヤ!放送中に立てこもり犯から「キャスターを呼べ」

印刷

   朝のワイドショー番組「グッドモーニングショー」のメインキャスターを務める澄田慎吾(中井貴一)は、報道番組のエースキャスターだった頃に、災害現場でのリポートが世間からバッシングを受けて降板して以来、現場からのリポートに恐怖心を抱くようになった。

   いつものように深夜3時に起床した澄田は、息子と妻(吉田羊)の言い争いに巻き込まれる。さらにテレビ局に向かう途中で、不倫相手であるサブキャスターの小川圭子(長澤まさみ)から、二人の交際をきょうの生放送で公表しようと迫られる。はたまた石山プロデューサー(時任三郎)からは番組の打ち切りを告げられ、踏んだり蹴ったりの中、カフェに銃を持った男(濱田岳)が人質を取って立てこもったという速報が飛び込んでくる。番組はトップニュースとして取り上げるが、警察から思わぬ知らせが入る。犯人からの要求は「澄田を呼べ」だった。

  • (C)2016 フジテレビジョン 東宝
    (C)2016 フジテレビジョン 東宝

フジテレビが自局イジる自虐ユーモア切れ味良し

   「踊る大捜査線」シリーズの脚本を担当した監督の君塚良一は「テレビを知り尽くした」強みをフルに生かしている。前半はメタフィクションとしての効果が強く、番組が放送を迎えるまでの緊迫感や現場感はテレビ局制作の映画ならではだ。

   また、ワイドショーやテレビに対する皮肉が随所に見られ、フジテレビがフジテレビを「いじる」自虐的なユーモアはエッジが効いている。テレビ局の「日常」を描いている途中で事件が起きるプロットはベタベタな展開ではあるものの、視聴率が命のテレビ局制作の映画ならば当然か。

   最も面白い要素は、立てこもり犯が澄田を指名するところだ。しかしながら、犯行の動機と澄田を指名する理由が弱すぎる。犯罪を犯す人間の心理を紐解くつもりがないなら、事件パートも毒のあるコメディとして描くべきであった。この部分は無理に映画色を強めるのではなく、テレビ色を貫き通すべきだった。

   柳沢慎吾が人質を取り、中井貴一を指名し、ユーモラスに事件を取り扱い、時任三郎がモニターにへばりつき、長澤まさみはそれでも不倫発表のことだけを考えているような方向に持っていけば、この映画は題材も含め、テレビ映画の金字塔となっていたように思える。ユーモアは良質なだけに、どうにももったいない。

丸輪太郎

おススメ度☆☆

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中