医師も診断したことない「昔の感染症」蔓延の恐怖!はしか・肺炎・・・都心で感染拡大

印刷

   先月(2016年9月)、関西空港から広がったはしかの集団発症に関係者は衝撃を受けた。10年前まで日本ははしかの輸出国だったが、予防接種を徹底して撲滅、昨年ようやくWHOから「排除」が認定されていたからだ。

   8月下旬、20代の若い空港スタッフが発熱と喉の痛みを訴えていた。3か所の病院で受診したがはしかとわからなかった。初期症状は風邪と変わらないが、感染力は強い。2週間後にはしかとわかった時には、32人が発症していた。

   最初の発症者となった空港スタッフが受診したクリニックの医師がいう。「40歳以下の医師は、はしかを見たことがない」

   中国やインドなどでははしかはまん延している。関空から入った後、特定の世代を直撃していた。20代後半から40歳までの予防接種を1回しか受けていない世代だ。40代以上の多くは免疫がある。10代や20代半ばまでは予防接種を2回受けている。その谷間の世代だった。

アジアの流行地域から侵入

   1度は撲滅したはずの感染症の再発を再興感染症という。結核もそのひとつ。50年前まで日本人の半数が感染していた国民病だったが、優れた治療薬のおかげで激減した。それが最近になって都市中心部の意外な場所で見つかっている。外国人留学生が学ぶ日本語学校だ。今春、東京都内の学校で、生徒、日本人教師ら43人が集団感染した。おそらく、20代のアジアの若者が起点だが、感染した日本人教師は「結核なんて他人事だった。驚き、衝撃」という。日本ではそれほどに忘れられた病気だが、インド、タイ、フィリピン、インドネシア、モンゴルなどアジアでは今もまん延している。

   国立国際医療研究センターの大曲貴夫さんは「私もはしかを見たのは研修医だった20年近くも前」という。小郷知子キャスターとゲストの優木まおみさん(タレント)は「谷間の世代」だった。優木さんは「母子手帳で調べてみたら、予防接種は1回でした。いま妊娠中なんですが、どうしたらいいですか」

   妊婦がはしかに感染すると、流産や早産の危険がある。大曲さんは「人が集まるところへなるべく出ないことですね」というしかない。

梅毒・HIVも増加・・・先進国で日本だけ

   東京・新宿の婦人科クリニックでこのところ増えているのが梅毒だ。これもめったに見ない感染症になっていた。女性医師は「見たことがなかったですね。昔の感染症で、まさか自分が治療するようになるとは思いませんでした」と話す。

   この5年で患者は4倍。とくに女性は6倍だ。土地柄、性風俗店で働く若い女性が多い。業界で働く男性は「陽性になっても、ペニシリン1発で完治するから、次の日から仕事に復帰している」と恐ろしいことを言う。2度感染したという女性は「客が嫌がるから」とコンドームを使わないことが多いという。一般男性にも広がっているということだ。クリニックの医師は「水面下の感染者がいるだろうし、今後どうなるのか想像がつかない」と懸念する。

   大曲さんは「HIVがいっこうに減らない。むしろ増えているのと理由は同じです」という。薬が良くなって押さえ込めるようになったために、それほど怖くないと「油断している」のだ。

   再興感染症は、デング熱、ジカ熱などまだ出る可能性はある。感染力が強ければ、わずかの見逃しが大きな発生(アウトブレイク)につながりかねない。われわれは何をすればいいのか。大曲さんは「分かっていることをやること」という。前出のコンドームの使用もそうだし、はしかの2回の予防接種もそうだ。

   視聴者から「50年前の予防接種(はしか)でも効くのか」という質問があった。大曲さんよると効果はあるそうだ。

ヤンヤン

NHKクローズアップ現代+(2016年10月13日放送「『昔の感染症』がまさかの復活!どう防ぐ はしか・結核・あの病」)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中