<1年前のワイドショー>マンションが傾いてる!杭工事手抜き・データ偽装・・・全棟建て替えでも住民納得せず

印刷

   住んでいるマンションが傾いていた。原因は手抜き工事とデータ偽装だった。「パークシティLaLa横浜」の住民らは「(棟をつなぐ部分の)手すりがずれている」と気づき、三井不動産レジデンシャルと三井住友建設が調査したところ、4棟あるうちの1棟で傾いていると去年10月(2015年)に公表された。原因は杭のうちの何本かが地盤の強固な支持層に達しておらず、はじめから長さ不足の杭もあった。しかも、販売会社や建設会社はこれを隠し、データを偽装していた。

   ワイドショーは怒り呆れてこう報じた。<三井不動産マンション傾いた!住民「手すりがズレてる変だ」手抜きと偽装>(TBS系「あさチャン!)、<「傾きマンション」販促パンフよく言うよ!「見えない部分こそ、高い信頼性」だってさ>(テレビ朝日系「モーニングショー」)。業者側は傾いていない棟も含め立て直しを申し入れたが、まずは事実解明だとして<三井不動産「傾きマンション」全棟建て直しますでも納得できない住民>(テレビ朝日系「モーニングショー)ということになった。全棟立て直しは3年半かかる見通しで、その間も住民は不便を強いられる。(テレビウォッチ編集部

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中