五輪ボート・カヌー会場どこがいい?東京・宮城・埼玉・・・街で500人に聞いてみた

印刷

   東京都の小池知事はおととい15日(2016年10月)、東京五輪のボート・カヌー競技の会場候補に挙がっている宮城・登米市の「長沼ボート場」を視察した。村井嘉浩知事ら地元住民は大歓迎で、到着するとアイドルが来たかのような嬌声に包まれた。

   東京・晴海の「海の森海上競技場」がIOCなどに会場として届けられているが、施設建設費がかかり過ぎることから、小池知事は見直しを進めている。長沼ボート場のほかにも、埼玉県が戸田市の彩湖を候補地として名乗りを上げており、はたしてどこが最適なのか。

建設費安いが遠い長沼、予算かかるが淡水の彩湖

   3会場を比較すると、「海の森」は建設費519億円、選手村から約6キロ(15分)と近い。国際基準もクリアする。「長沼」は建設費351億円と安いが、東京から2時間40分と離れているのがネックだ。村井知事は東日本大震災の被災者住宅を大幅に改築して選手村に充てるというが、満足できる宿泊施設になるか不明だ。国際基準はクリアしている。

一長一短です

   「彩湖」は国際基準を未申請であることから建設費が558億円と最もかかるが、都心から20キロ(45分)近く、何よりも淡水である点が評価されている。小池知事は「復興五輪というパワフルな点もあるし、埼玉県の上田知事から視察の要請があればうかがう」としていて、腹の内は見せない。

「海の森」選手に不人気!波風あってレーンに不公平

   では街の声はどうなのだろう。「スッキリ!!」は東京都内で500人に聞いた。20代と40代では「東京」が最も多く、30代、50代、60代以上では「宮城」がトップだった。全体では、東京と宮城が拮抗している。

   司会の加藤浩次「どうですか、杉山さんは」

   杉山愛(プロテニスプレーヤー)「3会場それぞれメリットデメリットがあるわけですが、『海の森』は海水で、こういう競技場は世界にもほとんどないわけです。風や波があって、レーンごとに条件が違うのでフェアじゃないという声を聞きます。コストを掛けずにやるというのはもちろんですが、競技がしやすい環境を整えられるかも重要だと思いますね」

   阿部祐二リポーター「いろいろ聞いてみると、埼玉という選手は多いですよ」

   あす18日のバッハIOC会長と小池知事の会談が行われる。

文 カズキ 似顔絵 池田マコト

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中