藤原紀香「大黒摩季、復活ライブおめでとう!披露宴での歌、一生忘れへんで」

印刷

   子宮疾患の治療で活動休止していたシンガーソングライターの大黒摩季は10月16日(2016年)、復帰後初の単独ライブを札幌で行い、親友の藤原紀香が17日のブログで祝福した。

   紀香は「努力と辛抱の六年間を超えての晴れ姿を、もちろん見たい思いでマックス一杯でした」が、東京に滞在する事情があったため「精一杯の応援エナジーをテレパシーでまきぞうに送りました」。ライブを鑑賞した知り合いには「本当に素晴らしいパワフルなライブだった!」と聞いているとし、「大黒摩季、ここにあり。本当に誇らしく、離れていても涙が出ました まきぞう、あんたはスゴイ!!!心からおめでとう」と祝福した。

   片岡孝太郎のブログによると、大黒は9月28日に行われた紀香と片岡愛之助の結婚披露宴で「ら・ら・ら」などの持ち曲を歌っていた。紀香はブログで、「披露宴での『スポットライト』一生忘れへんで」と恩に着ている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中