原因不明の「ツングースカ爆発」から100年!「隕石説」「UFO説」「人災説」ついに真相解明か?

【コズミック フロント☆NEXT 「ツングースカ大爆発の謎」】  BSプレミアム 10月20日(木) 22:00 ~22:59

印刷
(C)NHK
(C)NHK

   約100年前、シベリア・ツングースカの針葉樹林で「謎の大爆発」が起きた。強烈な爆風と熱で2000平方キロの木々はなぎ倒れされて燃え上がった。当時は隕石だと思われていたが、その痕跡は見つからない。不思議に思った科学者たちは「UFOの飛来か」「人災か」と騒ぎ、積み上げられた学説は100以上になるという。爆発地点の最も近くにいた遊牧民族のエヴェンキ族は神の怒りと解釈し、近づかなかった。

   イタリアの研究者は、爆心地から8キロ離れたチェコ湖が隕石説を証明するという。この1世紀の間、科学者たちを悩ませたツングースカ爆発の謎に迫る。

コズミック フロント☆NEXT 「ツングースカ大爆発の謎」

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中